読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報】松山英樹 リオ・オリンピック辞退を表明!むしろ行くべきではない!?健康・治安リスクの高すぎるリオ!あのリバウドも警鐘!

最終更新:2016年8月14日 去就が注目されていた松山英樹のリオ五輪参加問題。松山は「WGCーブリヂストン招待」最終日のラウンド後に、正式に代表辞退、オリンピック欠場を表明した。これまで、多くのトッププロ達がリオ・オリンピック辞退を表明する中、早々に代表に内…

大阪都構想に続き「東京でも住民投票」!?新国立競技場予算不足問題で新たな展開!

2020年オリンピック・パラリンピックのメイン会場となる「新国立競技場」を巡り、当初予算の1800億円から建設費が2500~3000億円と大幅に上回るため、国が東京都に整備費として500億円の負担を求めている問題で、日本スポーツ振興センター(JSC)は東京都との…

【政治外交】表現の自由の無い?韓国 未だ出国を許されない産経元ソウル支局長問題の怪!

韓国・朴槿恵(パク・クネ)大統領への名誉毀損で在宅起訴されている産経新聞、元ソウル支局長加藤達也氏が自身の出国停止措置の執行停止の仮処分を求める審尋が2月13日に行われたが、申し立ては棄却された。加藤氏は昨年8月7日に出国禁止措置を受けてから、…

【経済】ギリシャ危機再燃か!?ギリシャ選挙急進左派勝利確実でEU離脱も?今後株価・為替で日本に影響の予想?

選挙結果によっては再びギリシャ危機勃発のリスクをはらんだギリシャ総選挙は25日投票が行われ、開票作業中で公式発表前ですが、野党急進左派連合(SYRIZA)のチプラス党首は「勝利宣言」をしました。 先のギリシャ危機から同国政府はIMFやEUからの支援を受…

【社会】ふるさと納税の御礼・特典がiiyamaディスプレイやマウスコンピュータ製品!長野県飯山市

最近マスコミでも「ふるさと納税」についての報道を目にすることが増えてきました。長野県飯山市では寄付行為の御礼商品として「iiyama」「マウスコンピューター」製品が用意されたようです。 「ふるさと納税」とは、地方の過疎化や地域間格差の是正のため、…

【経済】原油先物価格5年8ヶ月ぶりの1バレル50ドル割れ!下落の原因と思惑?今後の予想・見通しは?日本経済への影響は?

5日のニューヨーク原油市場で原油先物価格が一時約5年8ヶ月ぶりに1バレル50ドルを割った。 下落・急落が続く中、ついに2009年4月以来の49ドル台を付けた原油価格。その要因・原因は? 今後の推移予想、見通し、日本経済に与える影響も検証したい。 【…

【経済】ロシア ルーブル為替急落で経済危機の恐れ OPEC減産見送りはアメリカの対露作戦だった?日本が果たす重要な役割も!

ロシア・ルーブルの急落に歯止めが掛からず経済危機に陥る可能性も高まっている。再三に渡る政策金利の利上げにも歯止めの効果が効かない状態だ。 原油産出国として先のOPEC会合での減産見送りによる原油価格暴落の影響がロシア経済に重く乗しかかっている。…

【政治】突然の衆議院解散・総選挙に打って出た安倍総理の真意・理由の一因「財務省との対決の図式」 リスクを背負ってでも決意した首相の本音・なぜ?

自民300議席超、準備期間短く調整不足の野党、史上最低の投票率か!?等々、連日報道されている衆議院解散・総選挙。 現状は相当な与党有利の展開が予想されているが、安倍総理が「解散」を決意した段階では「議席減」は避けられないという与党内の声も多数…

【経済】GDP7-9月期 2次速報値では上方修正の見通し 次期GDP値は明確な景気回復基調へ! 

1日発表の「法人企業統計」を受け、8日に発表される7-9月期の「GDP改定値」が「上方修正」される公算が高まった。 「設備投資」の持ち直しが主な要因で、民間シンクタンク各社の予想値も「上方修正」されている。 次の期10-12月期のGDP値は「明確な景気回…

【為替・株価】円安進行120円を目指す動き?日経平均は円安好感7年4ヶ月ぶりの高値更新!

先週のOPECの「減産見送り」を受けた「円安」進行の動きは119円台にまで進行。円安進行の動きを好感し、日経平均株価も1万7500円台後半まで上昇。為替・株価ともに「7年4ヶ月ぶり」の円安・株高水準に至っている。 12月に入り、欧米では「クリスマス商戦」に…

【政治外交】産経前ソウル支局長初公判 保守団体が車両に卵ぶつける等の妨害 米政府は韓国側を批判

11月27日、韓国検察から起訴されていた産経新聞加藤前ソウル支局長の初公判が行われた。 加藤氏の退廷時には、保守団体構成員から車両に卵をぶつける、ボンネットに寝そべる等の妨害を受け、日本政府は来年1月までの加藤氏の出国禁止処分の即時撤回と共に「…

【政経】「衆議院解散総選挙」「消費税増税先送り」が株価・為替・経済に与える影響は?メリット・デメリット・課題?

「GDP速報値」「解散総選挙」「消費増税先送り」「アベノミクスの再検証」 野党からは「大義無き解散」等の批判があるが、昨日18日に総理大臣の専権事項である「解散権」を行使することが正式に発表され、政局へと移っていく。 今回の「消費増税先送り」「解…

【経済】「GDP速報値」 市場予想下回る年率1.6%減「7~9月」2期連続マイナス 株価反落 個人消費の回復遅れの要因は?

「消費税増税」先送りか否か?の判断材料、その後の「解散・総選挙」と続く、重要な指標の「7~9月期のGDP速報値」が市場予想を下回る数値となり、11/17の「日経平均」も反落の動き。 元々「良くない」と言われてきた今回の「GDP速報値」だが、今年4月の「…

【政治】唐突に出てきた「衆議院 解散・総選挙」の理由は?なぜ今?その時期は?

唐突に出てきた感のある「衆議院の解散・総選挙」その理由は?なぜ今なのか?可能性は?選挙日程は? 年内にも解散・総選挙という流れが既成事実となりつつある。「12月2日公示、14日投開票」か「9日公示、21日投開票」が有力という具体的な日取り・予定まで…

【オピニオン】小笠原沖の中国船団サンゴ乱獲問題  APECの会談など不要! 世界の笑いものになる前に、政府はより強硬な姿勢を!!

小笠原諸島、伊豆諸島近海に200隻を超える船団を組み、珊瑚(さんご)を盗み獲っているとみられる中国船。 台風20号の接近を受け、一時はその海域から離脱したが、台風が過ぎ去り再び元の海域に戻ってきているという。 一艘ずつが大型でこれだけの船団を組…

【政治】宮沢経済産業大臣「私にそういう趣味はない」「SMバー問題」に見る「安倍内閣・閣僚の脇の甘さ」 戦後最長記録を誇る閣僚交代無しの強固な内閣はどこへ?

小渕前大臣の辞任 に伴い、新たに就任した 宮沢洋一経済産業大臣の資金管理団体の政治活動費が 「SMバーの支払い」に充てられていた という報道が出た。宮沢大臣の説明では 「地元(広島)の事務所の者が行ったことは、間違いなく。私は行っていない。 私…

エボラ出血熱 ウイルス99%殺菌できる日本製マスクが救世主に!薬剤に続き世界を救う!?真の地球儀外交とは!?

ついにアメリカ、ニューヨークでもギニアで「国境なき医師団」として、 治療にあたっていた医師が、帰国後体調悪化し検査の結果「陽性反応」が出た ことにより「人工密集地」での感染を怖れるパニック状態にあるという。そして「エボラ出血熱」は今、世界経…

奥大介さんの事故死から「真の車の安全性」とは何か?を考察する

先日、沖縄・宮古島で軽自動車運転中に 「カーブを曲がり損ね、対向車線にはみ出し、電柱に激突する」 という交通事故で、亡くなられた。奥さんに対する思いは、先の当ブログ記事でも書かせて頂いた。日本サッカー界でも奥さんの突然の訃報に「深い悲しみ」…

エボラ出血熱「西アフリカ渡航歴確認」の問診だけでは防げない! 日本の感染診察マニュアルに疑問!

日本では、未だ「感染者」は出ていないとされる エボラ出血熱。ここに来て、テレビニュースでも 富士フイルム子会社の 富山化学工業のインフルエンザ治療薬「アビガン錠」ファビピラビル の投与で、フランス、スペインの感染者が回復、快方に向かっていると…

【書評】『私を通りすぎた政治家たち』 佐々淳行著

日本に危機管理の概念を持ち込んだ「第一人者」と言っても 過言ではなかろう「佐々淳行氏」が上梓された 『私を通りすぎた政治家たち』 佐々淳行著 文藝春秋社 を読了。私を通りすぎた政治家たち作者: 佐々淳行出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2014/08/28…

「小渕大臣の進退問題」 政治も経済も停滞の危機か!?

ここの所、為替相場は大波乱、日経平均は大きく下落している。 今週は先週末のアメリカ株の反発もあり、落ち着きを見せるか、 反発もあるか?と行きたいところだったが、そうも行かない雲行きになってきた。 小渕大臣の「政治とカネ」の問題 で、野党の激し…

小渕優子大臣「辞意を表明」報道について

予てから自身の「関連政治団体」「資金管理団体」の 不明朗な収支の問題で、 野党からの追及を受けていた小渕優子経産大臣。 日経新聞・電子版は 「首相周辺に大臣を辞任する意向を伝えた」と報じている。 小渕経産相が辞意 政治団体収支問題で首相周辺に 小…

民主党議員が国会で野次を飛ばした「懇ろ」の語源とは?

先日の参院予算委員会で、山谷大臣へ向かって民主党野田議員が 飛ばした「野次」が問題になり、昨日直接本人へ謝罪をし、 一応の解決?を見たが、委員会中、安倍総理が真っ先に「失礼じゃないか!」と 言うほど「懇ろ」という言葉には、セクハラ的要素が含ま…

世界的広がりをみせる「エボラパニック」 今こそ日本が世界を救う時!! 

世界的広がりをみせ猛威をふるう「エボラ出血熱」 各国で、感染者の情報が出だし「エボラパニック」「パンデミック」の 様相を呈してきた。 「富士フィルムの子会社製薬メーカー」が開発した本来は 「抗インフルエンザ薬」を罹患したフランス人看護師に投与…

常軌を逸した「産経新聞前ソウル支局長 立件問題」

民主主義国家として、常軌を逸した事件事件が発生発生したと言わざるを得ない 今回の「産経新聞 前ソウル支局長 起訴」問題。 起訴した理由の結びは「反省や謝罪の姿勢も見られないため」とあった。 「報道の自由」の大原則に則って「朝鮮日報」の後追い記事…

産経新聞 前ソウル支局長 起訴 日本政府は毅然とした対応を!

今年8月初旬から続いていた「産経新聞 ソウル支局長(当時)」の 韓国、朴槿恵大統領への名誉毀損の疑いによる3度の検察聴取、出国禁止の措置。 私は、加藤前支局長の記事もリアルタイムで読み、その後が懸念され、 由々しき問題と、下書き段階のブログ記…

「新幹線」始まり物語とその今後

新幹線は「世界四バカ」 根強かった不要論(乗りものニュース) - Y!ニュース 新幹線は「世界四バカ」 根強かった不要論 (乗りものニュース) - Yahoo!ニュース 新幹線開業直前「世界三バカ」という言葉があったそうで、 エジプトのピラミッド、中国の万里…

© 2014-2016 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。