読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【速報動画】第156回芥川賞は山下澄人『しんせかい』!直木賞は恩田陸氏『蜜蜂と遠雷』!受賞記者会見!【書評・レビュー】

第156回芥川賞・直木賞が発表され、芥川賞には山下澄人氏『しんせかい』(新潮社)直木賞には恩田陸氏『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)が受賞しています!芥川賞受賞の山下澄人氏は、4度目の候補での受賞。直木賞受賞の恩田陸氏はこれまで5回候補に挙がるも受賞はならず、今…

【書評】第156回直木賞候補作!『また、桜の国で』 須賀しのぶ著 レビュー・あらすじ!

著者:須賀しのぶ 出版:祥伝社 第156回直木三十五賞候補作品! 感想・レビュー・あらすじ 第二次大戦直前から終戦に向かうまでの欧州、ポーランドを舞台に、当時の欧州情勢、それに日本がどう対応してきたのか?戦争の悲惨さ、平和の尊さを訴えるだけではなく若き外…

【動画】第29回三島由紀夫賞 受賞作は蓮實重彦氏『伯爵夫人』前代未聞の怒りの受賞会見!候補作一覧!

新潮社主催、2016年第29回三島由紀夫賞が発表され、5作の候補作品の中から、蓮實重彦氏著『公爵夫人』の受賞が決まりました。受賞会見動画と候補作品、選考理由、著者略歴を紹介します。受賞発表後の会見で、元東大総長で文学者でもある蓮實氏は「受賞は、はた迷惑な話…

【文学賞】2016本屋大賞受賞作は 宮下奈都著『羊と鋼の森』に決定!【書評】

更新:2016年5月20日 「2016年本屋大賞」結果発表が行われ、受賞作は宮下奈都著『羊と鋼の森』に決定しました!毎年、全国書店員が「いちばん!売りたい本」を選ぶ「本屋大賞」も今年で13回目。惜しくも大賞には選ばれなかったものの、2位には『君の膵臓をたべたい』3位…

【文学賞】2016年本屋大賞ノミネート・候補10作品一覧!作品あらすじ・書評・著者紹介

更新:2017年1月19日 「書店員が選んだいちばん! 売りたい本」のフレーズで始まり、今年で13回目を迎える「2016年本屋大賞」のノミネート・候補作品が発表されていますので、ご紹介します!今回は本屋大賞史上初めて、又吉直樹氏の芥川賞受賞作『火花』東山彰良氏の直…

【書評】滝口悠生『死んでいない者』 第154回芥川賞受賞作!

最終更新:2016年5月20日 著者:滝口悠生(たきぐち ゆうしょう) 『死んでいない者』文藝春秋社 第154回芥川賞受賞作 初出:文學界12月号 レビュー・感想・あらすじひ孫までいる、大往生を遂げた男の通夜に集まった30人余りの親戚一同。故人の兄弟、息子・娘それぞれの…

【速報動画】第154回芥川賞は滝口悠生氏、本谷有希子氏!直木賞は青山文平が受賞!記者会見映像【書評】

最終更新:2016年2月10日 文藝春秋3月号掲載について第154回芥川龍之介賞(平成27年下半期)は滝口悠生氏『死んでいない者』本谷有希子氏『異類婚姻譚』の2作品が受賞。直木三十五賞は青山文平氏の『つまをめとらば』の受賞が発表されました!受賞記者会見映像も…

【動画】生中継・配信!第154回芥川賞・直木賞受賞選考発表、受賞者記者会見!書評

最終更新:2017年1月19日 2016年1月19日、17時から行われる「第154回芥川賞・直木賞(平成27年下半期)」選考発表、受賞者記者会見の模様を「ニコニコ生放送」と「THE PAGE YouTube」が無料生中継、配信を行います!選考委員は芥川賞が、小川洋子氏、奥泉光氏、川上弘美氏、島…

【書評】宮下奈都『羊と鋼の森』 2016本屋大賞受賞作!第154回直木賞候補作!

最終更新:2016年4月12日 本屋大賞受賞著者:宮下奈都(なつ) 『羊と鋼(はがね)の森』 出版:文藝春秋社 2016本屋大賞受賞作! 感想・レビュー・あらすじ本作読後「丁寧に生きること」の大切さを改めて、考えさせられた。これまでにも何気ない日常生活を日々大切に送っ…

【書評】梶よう子 著 『ヨイ豊(とよ)』 第154回直木賞候補作品!

著者:梶よう子『ヨイ豊』出版:講談社 レビュー・あらすじ・感想幕末の動乱の中、三代歌川豊国の娘婿清太郎が、その大名跡と歌川一門の浮世絵師としての矜持を守るために、時代の趨勢、世間の流行のうつろいに立ち向かう様を描いた、歴史群像作品。類い稀なる描写力と…

【書評】映画化原作!『孤狼の血』柚月裕子著 第154回直木賞候補作!あらすじ・感想・レビュー

更新:2017年4月6日 著者:柚月裕子(ゆづき ゆうこ) 『孤狼の血』 出版:KADOKAWA 仁義なきマル暴刑事の孤高の闘い 正義とは何か?信じることとは何か?を問い掛けるのハードボイルドの傑作!役所広司・松坂桃李他豪華キャストにより東映で映画化が決定しました…

【文学・書評】第154回(平成27年下半期)直木賞候補作発表!ノミネート5作!あらすじ・受賞作予想

最終更新:2016年1月19日 受賞予想を追加! 第154回直木三十五賞候補(2015年下半期)5作品が発表されました!直木賞受賞選考会・発表は2016年1月19日。書評は随時掲載していきます。今回は第152回直木賞で『鬼はもとより』で候補となった青山文平氏以外の梶よう…

【文学・書評】第154回芥川賞候補作品発表!滝口氏連続候補!本谷氏は4度目!平成27年下半期

最終更新:2016年1月19日 受賞発表、記者会見生配信記事を追加第154回芥川賞候補(2015年下半期)6作品が発表されました。受賞作は平成28年1月19日に選考会を経て発表されます。書評は随時更新していきます。『異類婚姻譚』で4度目のノミネートとなった本谷有希子氏…

【TV】明石家さんま 西加奈子作『漁港の肉子ちゃん』映画化権利を買い取り!?【書評・文学】

『サラバ!』で直木賞を受賞し、テレビに雑誌に大活躍の西加奈子氏が、あの「さんまのまんま」に出演!その中で、明石家さんま氏が『漁港の肉子ちゃん』を購入して読み、吉本興業に映画化の権利を購入する様、勧めたという話も出た様です。「さんまのまんま」番組製作…

【書評】米澤穂信著 『王とサーカス』 山本周五郎賞作家が贈る壮大深淵なミステリー!

著者:米澤穂信 『王とサーカス』出版:東京創元社 感想・あらすじ・レビュー『満願』で第27回山本周五郎賞を受賞し、ますます「米沢ミステリー」に磨きが掛かかる。2001年にネパールで実際に起きた「ネパール王族殺害事件」を題材にし『さよなら妖精』の10年後の太刀…

【TV動画】又吉直樹(ピース) 7/19『情熱大陸』出演!芥川賞受賞の瞬間・創作の裏側密着!

最終更新:7月21日 再放送期間限定ネット無料配信晴れて処女作『火花』で第153回「芥川賞」(平成27年上半期)作家となった又吉直樹氏(ピース)が7月19日 23時25分~『情熱大陸』(MBS・TBS系列)に出演します!『火花』の初出掲載であった純文学誌「文學界」は…

【書評】羽田圭介著 『スクラップ・アンド・ビルド』 第153回芥川賞受賞作品!

最終更新:2017年1月19日 著者:羽田圭介 『スクラップ・アンド・ビルド』 初出:文學界2015年3月号 第153回芥川賞受賞作品 レビュー・あらすじ・感想芥川賞4度目のノミネートで受賞した羽田圭介氏が描く、現代社会の人間関係の距離感に迫った意欲作!主人公健斗の…

【書評】『流』 東山彰良著 第153回直木賞受賞作品! レビュー・あらすじ・感想

最終更新:2016年10月8日 『流』(りゅう) 著者:東山 彰良(ひがしやま あきら) 出版:講談社 第153回直木賞(平成27年上半期)受賞作品!東山氏は台湾出身の作家でこれまでにも推理小説作品で「大藪春彦賞」等を受賞。直木賞候補となった今作『流』は、推理…

【書評】『朝顔の日』高橋弘希 第153回芥川賞候補作品!あらすじ・感想・レビュー

待望の新潮新人賞受賞後第一作!第153回芥川賞(平成27年上半期)候補ノミネート作 初出:新潮2015年6月号 あらすじ・感想・レビュー・論評。高橋氏はデビュー作『指の骨』で第28回新潮新人賞を受賞し、同作は152回芥川賞候補作品にも選ばれる等、現在純文学の世…

【速報・書評】第153回芥川賞候補作 発表!又吉氏『火花』も!高橋氏連続候補!

最終更新:2015年7月31日 単行本発売情報を追加 第153回芥川賞(平成27年上半期)候補作品として6作品の発表が行われました。 第28回三島賞でも最終選考まで残った、又吉直樹『火花』は芥川賞にもノミネート。また三島賞ではデビュー作『指の骨』で高橋弘希氏…

【書評】『私の恋人』上田岳弘著 第28回三島由紀夫賞受賞作品 斬新な視点と壮大な世界観!

『私の恋人』 著者:上田岳弘 出版:新潮社 初出「新潮 2015年4月号」レビュー・あらすじ・論評・感想2015年 第28回三島由紀夫賞受賞作品。著者の上田岳弘氏は『太陽』で第45回新潮新人賞受賞、同作は第27回三島賞候補にも。二作目の『惑星』では第152回芥川賞候…

又吉直樹『火花』 電子書籍化決定!6/11から発売!次は芥川賞候補ノミネートか!?

いまや累計39万部を売上げ、大ベストセラーとなった又吉直樹氏(ピース)の『火花』 先の純文学を対象とした「三島由紀夫賞」でも異例の長時間に渡った選考の課程で、受賞作となった上田岳弘氏の『私の恋人』とW受賞に出来ないか?という議論も出たほど文壇…

【文学賞】第28回三島由紀夫賞 受賞作は上田岳弘氏『私の恋人』! 又吉氏『火花』は受賞逃すも高評価!

新潮社が主催する文学賞第28回「三島由紀夫賞」と「山本周五郎賞」が5月14日発表されました。 (6/1『私の恋人』書評・感想を追加) 三島由紀夫賞には上田岳弘氏の『私の恋人』山本周五郎賞は柚木麻子氏の『ナイルパーチの女子会』がそれぞれ受賞。 話題の又…

【文学】第28回山本周五郎賞 候補作品発表!湊かなえ氏は2度目の候補!ゐ太夫的予想

既報の通り第28回三島由紀夫賞の候補作品が発表されましたが「山本周五郎賞」の候補作品も発表されています。 第28回山本周五郎賞候補作 真梨幸子「人生相談。」(講談社)▽早見和真「イノセント・デイズ」(新潮社)▽湊かなえ「絶唱」(新潮社)▽西川美和「…

【文学】又吉直樹『火花』第28回三島賞ノミネート!高橋弘希「指の骨」も!(書評あり)その他作品 2015

第28回「三島由紀夫賞」の候補作品が発表され、35万部のベストセラー作品となっている又吉直樹氏(ピース)『火花』がノミネートされていることが分かりました。 他候補作:岡田利規「現在地」(河出書房新社) 滝口悠生「愛と人生」(講談社) 高橋弘希「指…

【書評】『鹿の王』上橋菜穂子著 2015年本屋大賞受賞作品!気宇壮大、圧倒的な世界観!

『鹿の王』上・下巻 著者:上橋菜穂子 出版:角川書店 レビュー・あらすじ・感想 2015年「本屋大賞」受賞作品。著者の上橋氏は、これまでに、野間児童文芸新人賞、産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。小さなノーベル文学賞とも言われる「国際アンデル…

【速報】2015本屋大賞作品は『鹿の王』!2位以下の順位掲載!翻訳部門 は『その女アレックス』が受賞!

4月7日「本屋大賞2015」既にノミネートされていた10作品の中から大賞作品として上橋菜穂子著『鹿の王』が受賞しました。(書評を追加 2015/4/15) 翻訳小説部門はピエール・ルメートル著『その女アレックス』が受賞。 【スポンサーリンク】 .my_adslot { wid…

西加奈子出演!又吉直樹『火花』の秘話(ひばな)出版記念イベント

又吉直樹氏(ピース)『火花』出版記念イベント「火花」の秘話(ひばな)にかねてから親交の深い直木賞受賞されたばかりの西加奈子氏が出演します。 3月21日(土)赤坂・草月ホールにて17時30分から開演(開場16時30分)全席指定4500円(税込)ですが、料…

【出版】又吉直樹(ピース)『火花』単行本化が決定!3月11日発売!又吉氏コメント 書評・感想・あらすじ記事有り

最終更新:2015年7月16日 又吉直樹氏『火花』の掲載により、昭和8年の創刊の歴史を誇る「文學界」2月号が初の増刷・再増刷を行ったと話題になったことは記憶に新しい。 そして今日1月30日に「文藝春秋社」が『火花』の単行本化を決定し、3月11日に発売すると…

【速報】2015年「本屋大賞」ノミネート10作品発表!!注目作品は?一部書評・レビュー・感想あり!

今年2015年の「本屋大賞」ノミネート10作品が発表されました。今後のスケジュールとしては今日1月21日から「二次投票スタート」2月11日「翻訳小説部門投票締切」3月1日「二次投票締切」4月7日(火)に栄えある「大賞作品、発掘部門、翻訳小説部…

【書評・レビュー】第152回芥川賞受賞作品 『九年前の祈り』 小野正嗣 著

『九年前の祈り』著者:小野正嗣 出版:講談社 第152回芥川賞受賞作品。あらすじ・感想。 シングルマザーのさなえはカナダ人との元夫の間に生まれた幼子希敏(ケビン)を連れて、故郷大分に戻る。地方にありがちな閉鎖性、保守的な考えを崩さない母親。地元…

【TV】祝直木賞 緊急アンコール放送決定!NHKEテレ SWITCH「椎名林檎×西加奈子」 達人達

以前に放送され好評だった「椎名林檎×西加奈子」NHK EテレSWITCH(スイッチ)インタビュー達人達。 その西加奈子氏が直木賞を受賞したことで「緊急アンコール放送」として「2月7日(土)」に再び放送される様です。 初回放送は番組途中で緊急地震速報が流れ…

【動画・文学賞】第152回「芥川賞・直木賞」小野正嗣氏・西加奈子氏「受賞会見」全編映像 ゐ太夫的似非文学論も少々

第152回「芥川賞・直木賞」受賞者・受賞作発表。昨晩の内から「特設コーナー」を設けた各書店には受賞作品を求める人で賑わい、Amazonでは受賞作の品切れ状態となっています。 昨晩の小野氏、西氏の受賞会見で、両氏は執筆・作品に掛ける考え方、拘り、文学…

【速報】第152回「芥川賞」「直木賞」受賞者・作品決定!!芥川賞は小野正嗣 直木賞は西加奈子 平成26年度 2014年 下半期

第152回「芥川賞」は小野正嗣氏『九年前の祈り』が受賞。 同「直木賞」は西加奈子氏『サラバ!』が受賞。 今回は両賞とも5作品ずつのノミネートから1作品ずつの受賞です。 【スポンサーリンク】 .my_adslot { width: 300px; height: 250px; } @media(min-w…

【文学】実は1964年ノーベル文学賞に日本人作家が4人も候補に挙がっていた!日本文学の興隆と世界的評価の時代

最終更新:2016年12月1日 1964年のノーベル文学賞に「日本人作家」4人が同時に候補に挙がり、最も受賞に近い位置まで残ったのは谷崎潤一郎だったという事実が2日に開示されたスウェーデン・アカデミーの議事録から明らかになりました。この年は世界の76人の作…

【書評・レビュー】万城目学著 『悟浄出立』 第152回直木賞候補作品 新潮社刊

万城目学氏の7年ぶりの「短編集」第152回直木賞候補作品としてノミネートされている。 中国の古典を題材に5編。これまでの「万城目作品」のイメージを覆し、表題作にもある通り中島敦氏を意識した漢文調で格調高い文体で描かれている。 著名な作品の脇役か…

【書評】西加奈子著『サラバ!』第152回直木賞受賞作品!! あらすじ・感想・レビュー

更新:2017年1月19日 今を時めく「西加奈子氏」の作品であり、第152回直木賞受賞作品。著者初の「長編小説」として、主人公「歩(あゆむ)」の半生を描いている。作品の舞台のイラン、大阪、エジプトは著者が実際に歩んできた場所でもある。家族の紐帯とは?…

【国語語源】八百長問題の「八百長」ってどういう意味?由来・語源は?

最終更新:2015年10月25日 加筆修正少し前には、サッカー界を紛糾させ前日本代表監督のスペイン、リーガ・エスパニョーラ時代の「八百長」疑惑。そして、最近はまだ「八百長」への関与は不明ですが、巨人の「野球賭博問題」過去には大相撲でも大問題となった「八百長」問…

【書評・レビュー】高橋弘希著『指の骨』 三島由紀夫賞・新潮新人賞・第152回芥川賞候補作 あらすじ・感想 

2015年6月25日更新 著者:高橋弘希 『指の骨』 新潮社 第28回三島由紀夫候補作 新潮新人賞受賞 152回芥川賞候補作品 あらすじ・感想 久方ぶりに「純文学雑誌」なるものを買い込んだ。以前は、毎号何誌も濫読していた時期もあったが「純文学誌」を読むのは、…

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。