【書評】文芸誌『文藝』 文藝新人賞作品『死にたくなったら電話して』

以前の 【書評】記事で「新潮新人賞作品」『指の骨』 を紹介し、その中で、今回は3誌の「新人賞」発表があるため、久しぶりに「純文学雑誌」を買い込んだ。と書いたが、今回はその1つ 「文藝新人賞作」 李龍徳 著 『死にたくなったら電話して』 をご紹介したい。【スポンサーリンク】 (adsbygoogle = window.a…