[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【ゴルフ】松山英樹「ザ・ツアー選手権2014」最終戦「10億狙う!」データで見る松山の凄さと弱点

  はてなブログでは、初めての記事になります。

 時事問題や政治、経済、文学、読書、スポーツ(松山英樹を中心にした海外ゴルフ、モータースポーツ、海外サッカー等々)幅広く扱っていきたいと思っていますので、

是非、お付き合いの程をよろしくお願いします。

 

f:id:h-idayu:20160512201349j:plain

1回目の投稿は「ゴルフ」PGA参戦中の松山英樹選手について。

【スポンサーリンク】
 

 

プレーオフ最終戦「ザ・ツアー選手権」のスタートが近づいてきた。

松山は、現地時間の11:50、ブレンドン・トッドとの

ペアリングで、二組目のスタートだ。

 

開催コースはジョージア州のイーストレイクGC。

 

松山いわく「日本ぽいコースで、すごく懐かしい感じ」

とのこと。

 

「やるからには優勝と10ミリオン(約10億円)狙いたい」とも。

 

松山に関するここで、興味深く心強いデータがあったので、引用させて頂く。

(データはプレーオフ第1戦「ザ・バークレイズ」終了時のもの)


米ツアーの新データから分かる松山英樹のスゴさと苦しみ【米国男子 PGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン



以下引用:ゴルフダイジェストweb版 

2014年8月28日記事より 


PGAツアー機構が作成した多くのスタッツがあるが、

 

このデータは各ラウンドにおける平均スコアとの差
(STROKES GAINED)から、
「パットの貢献率」をマイナスしたものが
「ショットの貢献度」という考え方で、
その平均を出した指標を出したもの

 

で、以下がそのランキング

 

1.ロリー・マキロイ(2.019)
2.セルヒオ・ガルシア(1.855)
3.ジム・フューリック(1.639)
4.松山英樹(1.618)
5.ジャスティン・ローズ(1.611)
6.フランチェスコ・モリナリ(1.400)
7.チャール・シュワルツェル(1.319)
8.アダム・スコット(1.314)
9.グラハム・デラエ(1.288)
10.バッバ・ワトソン(1.275)
※フィル・ミケルソンは32位(0.742)、

石川遼は80位(0.227)


このスタッツを見れば、松山がプレーオフ最終戦の30人に入ったことも頷ける。

 

しかし、

パットの貢献度では全体144位

なので、松山自身もパッティングの苦手意識は常々口にしているし、意識しすぎて、ショットも不安定になってしまう心理も理解は出来る。

 

ただ、今回は泣いても笑っても今季最終戦、出場30人なので、もちろん予選カットもない。

 

ここは気持ちを楽に、PGA参戦1年目での「年間王者」獲得という最高の栄誉に期待したい!

 

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。