[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

松山英樹の今季と来季の展望

松山英樹の「ツアーチャンピオンシップ」の記事、 中途半端になってしまったことを、お詫びします。

さて、その松山英樹の長いシーズンが終わった。

「ツアーチャンピオンシップ」では、1オーバーずつで3日間を終え、 最終日には+3を叩き、トータル6オーバーの22位で、 今シーズンを終了した。

フェデックスカップポイントランキング28位、 獲得賞金額は283万7477ドル(約3億円)となった

世界の30傑に入り、賞金も約3億円「ザ・メモリアルトーナメント」では ツアー初優勝も飾り、1年目としてはほぼ文句の無い内容だった様にも 見えるが、松山本人の言を聞くまでもなく、 彼には不満の溜まるシーズンだったはずだ。

初優勝した「ザ・メモリアルトーナメント」までは、怪我と病気に苦しめられ、 初優勝以降は安定した順位が出せなかった。

昨年は常に上位に顔を出していた「メジャー大会」でも軒並み順位を落とした。

本人も何度も口にしていたが「パットの不調」からショットも不安定になる。

グリーンでは去年は見えていた「ライン」が今年は見えてこなかったそうだ。

ただ、前述したが体調不良や故障といった体の問題は、ほぼクリアになっている

体とメンタルの問題を抱えながらも、結果を残した彼はやはり 世界のレジェンド達がお世辞抜きで言う「将来を背負う男」だ。

苦しい経験を糧に、2年目は飛躍してくれることだろう。

本人のコメントを追っていると、10月のPGA開幕戦 「フライズドットコムオープン」から出場する様なので、 余り調整する時間は無いが、少しでもパットの不調を克服し、

再び彼の高いレベルで安定したプレイを見たいものだ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。