[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】勝敗より「内容」のある試合

ここに来てタイガースが復調気味だ

毎試合のレポート的なことは書かないつもりでいたが、 今日の試合は今後を見据えての「転換点」となりそうな試合 なので、触れようと思う。

上本選手の悪送球エラーで初回2点を先制されるも、 藤浪投手が後続を抑え、流れをタイガースに持ってきた。

大阪桐蔭の先輩、平田選手に対して鶴岡のサインに首を振ってでも ストレートを続けたのは、先日自己最速157キロを出したように、 自分でもストレートの走りに相当自信を持っているのだろう

山井投手相手にチームの打線爆発は言うに及ばず、

福留選手が「タイガース入団初の猛打賞」を打ったことが大きい

 

少し前まで、いわゆるここ一番での本塁打や守備力の高さは評価されて いたものの、走者有りでの併殺、チャンスで凡打が目立っていた。

せめてマルチ安打を数試合、その中で「猛打賞」を含む安定した 打撃を彼には求めていた。

彼の「猛打賞」は余り聞かないなと思っていたら、 今日が移籍初と知り、「福留孝介」とあろう者が今日で やっと「初猛打賞」かという妙な感慨と共に、 ようやく「らしさ」が出つつあることは大変うれしくもある。

表には出ないが怪我の影響は相当あったものと見ていたが、 ここ最近、特に今日の打撃を今後続けていければ、 福留孝介の名に恥じぬ成績を挙げ、活躍をしてくれることと 期待している。

最終回に登板した松田遼馬投手

 

持ち味の荒れ球も含めて、最速152キロの彼の投球は、 「松田らしさ」満点で、まだ数試合は見ないといけないが、 復帰初登板としては、上々の出来だった

中継ぎに松田投手が戻ってきたことは、本当に大きい!!

そして、藤浪投手の「高卒入団2年連続二ケタ勝利」達成


怪我防止のために、キャンプでクロスステップの フォームを変更されたが、 今季見ていて、しっくり来ていないことは、 「球の走りの悪さ」が如実に語っていた

終盤に来て、球速が上がってきたこと、去年のような 「球の走り」が出てきたことは、彼の試行錯誤の努力の 賜物であるし、今季もずっと「先発ローテ」を守ってきたことは、 何にも増して素晴らしい

個人的には来季15勝以上はして欲しいし、それ位簡単にやってくれる 選手だとも思っている

そして、名実共にタイガースのエースへと!! 

今日は、勝利、大量得点云々ではない「収穫」の多い試合だった。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。