[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】相変わらず「チャンスに弱い虎」 17残塁17三振の拙攻

昨日の中日戦、先発岩崎が立ち上がりから、今シーズン一番の

出来ではないか?と思わせる快投を魅せてくれた。

 

中日の伏兵、三ツ俣に本塁打を打たれてから、崩れてしまったが、

それまでの面白い様に三振を取っていく姿は、まさに圧巻で、

コントロールの良さにも磨きが掛かってきた様で、

来季は開幕からローテに入ってくるだろう

 

それにしても、やはり出てしまったかという、もう定番文句の

「ここ一番に弱い」「チャンスに打てない」打線。

 

17残塁17三振はいくらなんでも酷すぎる!

 

ここのところ、投打が噛み合いいいムードになってきていたのに、

完全に水を差す試合だ。

 

大和の2回の犠打失敗、ゴメスのタイムリー後の続くチャンスに

福留の併殺、そして至る所で起きた三振の山。

 

こういう閉塞感を打破するためにも上本、大和の調子が

上がってきているのだから、積極的に盗塁、エンドラン等

仕掛けていくべきだ。

 

バント、バントと相手にミスミスアウトを献上する必要もない。

(ましてやタイガースは、バント成功率セ・リーグ最下位だ)

 

優勝争いから脱落し、もう諦めムードだったタイガースファンが、

シーズン2位でクライマックスを甲子園でと、

再び盛り上がり始めた矢先に、ファンをまた裏切る様な酷い

試合をしてしまった。

 

勢いで野球をするチームは強くない。大きな連勝が無くても、

負けない試合が出来るチームが一番強い。

 

そのためには、当たり前のことを当たり前にやる技術と、

日頃から少ないチャンスをモノにする精神力が必要だ。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。