[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】岩田の好投報われず 呉「サヨナラ弾」 そして拙攻

不退転の決意で臨んだ今季の岩田、シーズン中盤以降打ち込まれる

場面もあったものの「投球間隔の間」を強く意識し、

ローテを守り、ほぼ復活といっていい活躍をしてきた。

 

昨日のベイスターズ戦は、自身6年ぶりの2桁勝利が掛かった試合。

 

8回を139球の4安打、2四球、8奪三振、無失点の好投で降板した。

 

9回、ストッパーの呉がゴメスのエラーから、ブランコに痛恨の

逆転サヨナラホームランを打たれ、まさかの敗戦。

 

岩田の6年ぶりの2桁勝利はならなかった。

 

またこの試合、相手先発の久保から打線は8回まで10安打打つものの、

またもや9残塁の拙攻。

 

ランナーは出すも、ゴメスと福留で3併殺。

 

1、2、3番で7安打も4番ゴメス、6番福留、7番新井が無安打では

打線も繋がらず。

 

昨年まで同僚の久保にやられ、岩田の6年ぶりの2桁勝利もならず、

和田監督の去就問題が表立って取り沙汰される中、

またもや同じパターンで敗戦。

 

ファンとして、怒りや悔しさは既に無く、虚しさだけが去来する、

寂しいゲームだ。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。