[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】来季「岡田監督」は既定路線か?

阪神】来季、岡田監督は既定路線か?

 

昨日の痛恨の逆転サヨナラ負けで、完全に「優勝」の可能性は無くなった。

 

CSホーム主催権掛かるの2位争いも非常に厳しい状況だ。

 

そんな中、今朝の「サンスポ.COM」で、次期監督候補と報じられている

「岡田元監督」のコメントが出ている。

 


阪神次期監督最有力の岡田氏「何もない」 南社長は無言 - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

 

渦中の岡田彰布氏(56)は23日、西宮市内で、

「何もない。何も言えることはないよ」と話すにとどめた。

 

 

 

次期監督候補に挙げられていることに関して、否定をせず、

「何も言えることはない」とコメントする時は、

これまでの経験則で言うと

岡田元監督に球団から次期監督にという打診があり、

岡田氏も前向きに捉えているか、既にほぼ話は決まっていると

見ていい。

 

岡田氏の阪神監督辞任後も「タイガース関連」の本を数冊上梓し、

事あるごとに「タイガース」に対しコメントをしている姿は、

オリックスについては余り触れられていない)

子供の頃から「タイガースファン」であった岡田氏にとって、

タイガースに対する思い入れを十分に感じさせてくれる。

 

 

岡田氏は、言うまでもなく「優勝監督」であり、中継ぎ必勝パターン

JFK」を確立するなど「野球理論」と独特の「野球勘」には

一定の評価がある。

 

有望な若手選手を、二軍で寝かせ過ぎたことや、

一説ではコーチら周囲の声に耳を傾けない頑固な点があるとも

聞いているが、今、タイガースに求められているのは、

言うまでもなく「勝てる監督」だ。

 

もし、来季監督に就任されるのであれば、まず手始めとして、

阪神OBで指導力には疑問符がつく「お友達内閣」の

コーチ陣は刷新から。

(岡田氏との関係は不明だが、高代コーチはなんとしても引き留め)

 

矢野氏、桧山氏ら次の世代の人材を入閣させる、

FA、メジャー帰りの「実績のあるベテラン」にも厳しい采配等

新しいタイガースの形を見せて頂きたい。

 

負けない野球の出来る「強いタイガース」復権は急務だ。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。