[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【サッカー】本田の活躍に「インザーギ名将への道」を見た!

惜しくも「ユベントス戦」でのゴールはならなかったが、

ミラン本田圭佑が開幕から4試合で3ゴールの大活躍を魅せている。

【スポンサーリンク】


3ゴールは「セリエA」ゴールランキングで1位タイ。

ブンデスリーガでこちらは得点王を突っ走りそうな勢いの岡崎、

ドルトムント復帰で生き生きプレーをしている香川を含め、

先のW杯でこの上ない悔しさを感じ、三者三様、期する所があるに

違いないと思わせる活躍ぶりだ。

【スポンサーリンク】


話を本田に戻そう。

去年、彼は名門ミランへ途中加入。

しかし、その時ミランは大混乱の渦中にあった。

戦術も確立されない、言葉の問題だけではないコミュニケーション不足、

慣れない生活等々、さしもの本田も大混乱のチームでは

本来の力を発揮出来なかった。

チーム低迷の責任を取り、せードルフからインザーギ監督へ交代。

彼の現役時代のイメージは、いつもゴール前でシュートポジションにいる、

こぼれ球を拾うためのポジショニング、勘の良さ、クレバーさというものを

感じていた。

(典型的な9番タイプで、泥臭くごっつあんゴールの多い選手という

悪い意味での見方もあったが、私は貪欲さとクール、クレバーを

兼ね備えた選手というイメージが強かった)

ミランで10番という背番号を付けた本田に対し、ミランのレジェンド達は

軒並み否定的な論調であったが、当時ミランプリマヴェーラの監督であった

インザーギは、むしろ本田の置かれた状況に同情し、擁護し、

彼はやれる男だと肯定的な意見を述べていた。

インザーギの監督就任早々、やはり本田を守る発言が多く、

今季、プレシーズンマッチで本田が実力の片鱗を見せ始め、

イタリアマスコミが少しずつ騒ぎだした時は

「彼の実力はまだまだこんなものじゃない」「プレシーズンだからではなく

シーズンに入ったら彼はもっと凄い」等々、本田を励まし守った。

私は、インザーギのこの言動を見て、今年のミランと本田は変わると

ほぼ確信を得ていた。

監督と選手の間に信頼関係が構築されていないチームは崩壊する。

マスコミと一緒になって自分のチームの選手を悪評するのも駄目だ。

インザーギと本田の間に固い絆が出来、本田も人一倍練習し、

イタリア語も身に付け、同僚との信頼も深め、本田本来の

リーダーシップの発揮が出来、本田にボールが集まるようにもなった。

ミランは直近でエンポリに引き分ける等、ディフェンスに課題は

あるものの、これだけ選手との信頼感を深められるインザーギなら、

その課題も克服してくるに違いない。

間違いなく今季、本田はミランの中心選手になっていくだろうし、

インザーギは監督としても「スーペル・ピッポ」になるだろう。

そして、遠からずチームの順位は、来季のCL出場圏内で安定してくるだろう。

(関連記事)

【サッカー】ミラン・インザーギ監督 その優れた人心掌握術 「スーペルピッポ名将への道2」 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ


【動画追加!】ミラン本田1試合2発!!イタリア帰国早々2戦連続決めた! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。