[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

アギーレジャパンの危機!?サラゴサ時代の「八百長疑惑」問題

昨日、突然出てきた日本代表ハビエル・アギーレ監督の

スペイン「サラゴサ」監督時の「八百長試合疑惑」

 

まずは、各紙の報道をまとめてみる。     

 


アギーレ監督、八百長で聴取へ 11年サラゴサ時代 : サッカー : スポーツ報知


アギーレ監督 古巣に八百長疑惑浮上 関与していれば禁錮刑も ― スポニチ Sponichi Annex サッカー


アギーレ監督ショック…指揮した11年のサラゴサに八百長疑惑 - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)

 

問題となっているのは、2011年5月のレバンテ-サラゴサ戦で、

最終節、アギーレ率いるサラゴサが負ければ2部降格という危機に際し、

レバンテ側に「八百長試合」を持ちかけ、2-1でサラゴサが勝利し、

1部に留まった試合にスペイン検察庁が「八百長」の嫌疑ありとして、

調査、両チーム関係者から聴取を行うというものだ。

 

疑惑の発端となったのは、当日のレバンテ側のスタメンが

ベストの布陣でなかったこと、プレー内容も低調で、この当時から

八百長の噂があったとのこと。

 

なぜ、今になって検察が動き出したのか?は不明だが、

この「八百長試合であった」と認められ、

アギーレ監督自身も関与有りとされれば、刑事罰が下されるだろうし、

もちろんサラゴサのチーム自体にも処分があるだろう。

 

日本サッカー協会の大仁会長は「何も聞いていない」とのことだが、

最悪、日本代表監督辞任ということになり兼ねない由々しき事態だ。

 

アギーレには、協会が4年前にもオファーをしており、

2011年当時から「八百長の噂」はあったとのことなので、

もし、アギーレ監督が「クロ」ということになれば、

サッカー協会の「調査の脇の甘さ」も大いに指摘されよう。

 

何も無かったという調査結果を待つしか無いが、

船出をしたばかりの「アギーレJAPAN」に暗雲が立ちこめている。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。