[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【MLB】田中将大「1回2/3 7失点」で降板! 肘は大丈夫か!?

田中将大の復帰2戦目。レッドソックス戦。

 

ヤンキースはホームゲームをすべて消化したため、

今日はフェンウェイパークでの登板。

 

球数の目処は前回より増え、80~85球の制限設定。

 

前回登板から中5日「新しく生まれ変わった」田中将大がどの様な投球を

魅せるのか?期待の掛かる試合であった。 

 

初回、高めのストレートがシュート回転、スプリットが落ちず半速球に

なってしまう等で、1失点。

 

2回は、惨憺たる内容になってしまう。

ツーシームが引っ掛かる、球のキレ、制球もままならず、

味方のエラーに近い内野安打等に足を引っ張られ、

7失点、50球、1回2/3で降板してしまった。

 

この日のストレートのMAXは148キロは出ていたが、

体の切れも悪そうで、2つの四球はいずれもストレートの

フォアボール。

 

元気な時の田中将大とはほど遠い姿であった。

 

ここまで酷い姿を晒してしまったというのは、

私の中では記憶に無い。

 

ジラルディ監督の降板後の談話では「故障再発とかではなく

制球に苦しんでいて、限界なので代えた」とのことで、

その言葉を信じたいが、私が見るところ、元来の肘か、

若しくは肘を庇ったために肩を痛めた可能性もあるのでは?とも

思わせる投げ方でもあった。

 

降板後、数日後の様子を待ちたいが、今日の姿を見ると心配でならない。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。