[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【書評】 大沢在昌著 『ジョーカー』

大沢在昌著 『ジョーカー』(講談社文庫) 読了。

 

ハードボイルド作家、大沢在昌氏の短編集。

 

あらゆるトラブルを引き受け、解決する男「ジョーカー」

裏の世界では知る人ぞ知る存在だが、謎多き男でもある。

着手金の100万円を預からないと、基本依頼内容も聞かない。

しかし、一回受けた依頼は必ず解決する。

プロ中のプロなのだ。

 

主人公「ジョーカー」のキャラクター設定、舞台背景の設定が、

短編向きに出来ており、さすがと言っては失礼にあたるが、

大沢在昌氏の巧さと読ませる力、引き込む力は素晴らしい。

 

毎回の終わり方、読み様に依っては中途半端ささえ感じるかもしれないが、

この余韻を含んだ終わらせ方も、また「ハードボイルド」の良さだと

思っている。

 

ザ・ジョーカー (講談社文庫)

ザ・ジョーカー (講談社文庫)

 

 

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。