[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】「Wりょうたのどちら」か?ナカジ?来季三塁のポジションは!?

今季のタイガース、開幕三塁のスタメンは今成亮太から始まった。

2試合目は新井良太。3試合目は今成スタメンも途中から右翼にも入った。

 

しばらく相手投手の右左によって、スタメンが入れ替わる日々が続いたが、

新井良太が左右関係なくスタメンを張るようになり、打率も安定し、

持ち前の長打力も活かし、スタメン固定か?と思わせたが、少し調子を

落としてくると、再び今成とのツープラトンの日々となった。

 

逆に今成の守備と打撃が安定しだし、左投手でも今成という様な試合が

徐々に増え出した辺りで、新井良太が故障で登録抹消。

 

ここから今成がいっきに正三塁手の座を掴むか?と思われたが、

今成も故障で二軍に落ちた。

 

さて、来季の話である。

 

メジャーに上がれなかった「中島」を獲得し三塁を守らせるという話もある。

 

ナカジ獲得は、鳥谷のメジャー移籍の絡みもあるので、可能性として取って

おきたいが、鳥谷残留の場合は獲得不要だ。

 

今年、熾烈な争いを魅せた二人の「りょうた」に、もう一度春のキャンプから

シーズン開幕直前まで競わせ、どちらかに三塁手のレギュラーを獲って

もらいたいと思っている。

 

もちろん、ここに「競争大前提」で中島が入ってもいいのだが、

メジャー帰り、FA選手に弱いタイガースは最初から「三塁・中島」で

打てなくても代えないという暴挙に出てしまうので、それなら最初から

獲らない方がいい。

 

今季の二人の「りょうた」を見ていて、三塁手として特筆すべき守備力を

身につけた今成か?守備には難があるものの、長打力を活かしたい新井良太か?

正直、悩みどころだ。

 

もちろん、競わせてとなるが(西岡も加わってくる可能性も)私としては、

三塁手としては「長打力」のある新井良太を少々のことには目を瞑ってでも

本塁打30発を打てる選手にするラストチャンスだと考えている。

 

昨季の開幕は4番にまで抜擢した、その魅力ある「長打力」をツープラトン

使って、中途半端に終わらせたくない。

 

新井良太も来季はもう32歳だ。

 

そして、タイガースにはゴメス以外長打力のある選手がいない。

 

以前のブログで、今成の三塁守備を褒めまくって、

 

【阪神】今成のハイレベルな三塁の守備力を比較分析する - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

 

今成も捨てがたいのだが、

やはり三塁手は「長打力のある選手に」というのが私の考えだ。

 

三塁手=長打力にある選手というのは、少し古い考えになりつつもあるが、

いかんせんタイガースの長打力の無さを考えると、昨季から今季始めに

何かを掴みつつある感を持たせた新井良太にとなる。

 

では、今成はどこを守るのか?西岡こそどこを守るのか?という問題が

出てきてしまうが、オープン戦の争いを見極め、三塁は新井良太

という選択が長打不足のチームとしてはベストなのではないかと思っている。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。