[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

御嶽山噴火 悪質な風評被害を食い止めよ!

戦後最大の被害を出した「御嶽山」の噴火に、

既に「風評被害」が発生している。

 

今のところ、団体・個人のホテル・旅館等の宿泊キャンセルが

主なものだが「御嶽山」からだいぶ離れた岐阜県下呂温泉」や

奥飛騨温泉郷」にも宿泊キャンセルが及んでいるという。

 

また、白菜等を栽培する農家も、今後「風評被害」の影響がないか、

心配しているという話もある。

 

毎日新聞では「悪質な」クレームや風評被害を報じている。


御嶽山噴火:批判、予約キャンセル…長野県木曽町の苦悩 - 毎日新聞

 

木曽町観光協会によると、電話やメールなどで「噴火するかもしれない火山と分かっていて、どうして観光地として売り出したのか」「どう責任を取るのか」といった批判が20〜30件、協会に入っているという。

 目を疑うばかりのクレーム?批判?だが、何を思ってこういう電話や

メールをする人がいるのか?

全くもって理解に苦しむとしか言い様が無い。

 

この様なことを書くと、また「風評被害」に繋がるのかもしれないが、

日本に多い火山性温泉はマグマによって熱せられた地下水が源泉のため、

その付近には休火山・活火山があり「噴火するかもしれないリスク」を

多かれ少なかれ、孕んでいる。

 

東日本大震災の際もそうだったが、困難に直面している方々に

追い打ちを掛ける様ないわれのない「風評被害」や悪質な言動は、

なんとしてでも食い止めなければならない。

 

間違った情報に、耳を貸してはいけない。

 

そして、忘れてはならないのが、台風、豪雨、地震等々、

日本は長年に渡って「災害」と共に有り、人々はお互い助け合い

生きてきたという歴史を持った国であるということだ。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。