[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】金本コーチ就任へ!?指導者の育成も急務だ!!

昨日の広島の敗戦で、セ・リーグの順位が確定し、阪神は念願の2位。

 

セ・リーグでは全チームの順位が昨年と同じという珍しい結果になった。

 

本来は優勝して然るべきシーズンだったが、甲子園でのCS開催が出来ることを

前向きに捉え、必ず東京ドームまで、そして悲願の日本シリーズ制覇へと

勝ち上がって行って欲しい。

 

各マスコミ報道では、2位確定により「和田監督」に留任の内示が出ていると

報じられている。

 

2年連続2位以上を記録した監督は、タイガースでは5人目だそうだ。

 

近年では岡田元監督なのだが、2位以上2年連続が5人しかいないという

のは伝統ある球団として、寂しいものがる。

 

また、複数の報道で「金本氏に1軍打撃コーチ就任要請」の記事が出ている。


阪神・和田監督が来季続投!2位確定受け球団と本社で基本一致 金本氏に入閣要請へ (デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

 

 

タイガースは、若手選手の育成はもちろんだが、次の世代を担っていく

「指導者の育成」も急務だ。

 

今回、和田監督の去就問題で、次期候補として名前が上がった方々は、

もちろん指導力や実績はあるだろうが、その次の世代の名前を上げようにも

コーチや二軍監督等の指導者としての経験が皆無であった。

 

その点、読売は高橋由伸に「兼任コーチ」打診をしているという話もあり、

松井秀喜氏は、本人が良しとすれば、いつでも入閣出来る状態にあり、

指導者育成に余念がない。

(一説では、入団時から手形を与えているという話もあるが)

 

タイガースも金本氏だけではなく、矢野氏、桧山氏等々、どんどん入閣して

もらって、指導者としての経験を積んで貰わないといけない時期に来ている。

 

ここ数年、ほぼ同じコーチの顔ぶればかりだ。

 

タイガースには、更なる上を目指す常勝軍団として、指導者の育成にも

強い意識を向けるべきだし、それは即実行すべき課題だ。

                            (文中 敬称略)

 (関連記事)

【阪神】優秀な若手OB達が入閣しない理由とは? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

 

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。