[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】今年のFA戦線 オリ金子、平野は絶対獲るべき!?

シーズン中からオフの補強の話題が噴出するタイガース。

 

おそらく、ストーブリーグの話題記事に関しては12球団トップであろう。

 

ネットで新聞・雑誌発の記事を検索しても、メジャー帰りも含め、

言葉は悪いが「書かれたい放題」である。

 

株主総会ではメジャー帰り、FA補強に異議有りとなった様だが、

必要なポジションを補強するのは、大切なことだ。

 

以前、書いた記事で「サードは中島の補強より新井良太で固定したい」

という、個人的思い入れを込めすぎた?稿には、有難いご意見も頂戴した。

 

まず、補強の大前提として、言っておきたいことは、メジャー、FA問わず

必ず「競争原理」を働かせて欲しいということだ。

 

今年、6番でほぼ固定した福留の様なことは、止めて頂きたい。

守備での貢献があるのでとのことだっが、打撃は余りにも酷すぎた。

 

あれでは、若手の芽を摘んでしまうし、腐る選手も出てきてしまう。

 

もし、契約時に「常時1軍やスタメン保証」等付けているのであれば、

今後、一切止めて貰いたい。

 

それがクリアされれば、私は金満補強と言われようが、

私は元来、大型補強大賛成派だ。

 

前置きが長くなったが、今オフの補強ポイントは先発、中継ぎ投手だ。

 

今季は、久保、スタンリッジが抜け、岩田の復活、ルーキー岩崎の活躍はあったが、

能見の不調も相俟って、計算が立てにくい状況であった。

 

また、中継ぎはいわゆる「セットアッパー」が福原、安藤とベテラン頼りだったが、

連投やイニングまたぎをさせにくく、またもう1枚足りない状態であった。

来季、松田が完全復帰したとしても、2人がベテランとなると使いづらい。

 

そこで、表題の、オリックス金子と平野が最優先補強選手となってくる。

 

毎年、マネーゲームはしない方針をとる阪神フロントだが、ここは何が何でも、

獲りに行ってもらいたい。

 

2人とも、30歳と若く、まさに脂の乗りきっている状況だ。

 

今季推定年俸は、金子が2億、平野が1億9千万。

 

複数年契約をしても年齢的なリスクはなく、年俸は少し張るが、

今のタイガースなら出せない金額ではないと思う。

 

もちろん、野手補強、他投手の補強も視野に入れつつ、最優先はこの2人で

タンパリングに触れない程度に、水面下での調査で早仕掛けをしてもらいたい。

 

どちらか1人でもいい。獲得出来れば、かなり大きな戦力になるのは間違いない。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。