[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

常軌を逸した「産経新聞前ソウル支局長 立件問題」

民主主義国家として、常軌を逸した事件事件が発生発生したと言わざるを得ない

今回の「産経新聞 前ソウル支局長 起訴」問題。

 

起訴した理由の結びは「反省や謝罪の姿勢も見られないため」とあった。

 

「報道の自由」の大原則に則って「朝鮮日報」の後追い記事を

書くことに、何ら「反省・謝罪」をする必要はなく、

「反省・謝罪」をすれば、そもそも「名誉毀損」を認めてしまうことになるではないか。

 

そもそも、反日一色に染まった韓国において、目の敵とも言える「日本(人)」の

「産経新聞」でなければ、今回の事件自体無かっただろう。

【スポンサーリンク】
 

 

今回の事案を解りやすく言えば、韓国記者が「安倍総理」の1日の動向について、

そのプライバシーを書き立てたとして、我が国の検察が「名誉毀損」の嫌疑ありで

その記者を起訴をするか?

「民主国家」「法治国家」として、有り得ない話である。

 

韓国公使は「政治的意図はない」と発言しているが、

先の記した「反省・謝罪の姿勢が見られない」という文言は、

まるで彼らがいつも言う「過去の歴史に対して、日本は…」の

外交姿勢そのものではないか?

 

韓国国内でも、当初からこの問題については「そもそも無理がある」との意見が

出ていたとのこと。

 

国際社会の常識から見ても、どの観点から見ても、ついに「超えてはいけない一線」を

超えてしまった韓国と、日韓関係の改善など、こちらから働きかける必要はない。

 

いつもはライバル関係にあるであろう「日本のマスコミ各社」も、

「報道の自由」が侵害されている今回の事案に対し、もっと声をあげるべきである。

 

 

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。