[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

世界的広がりをみせる「エボラパニック」 今こそ日本が世界を救う時!! 

世界的広がりをみせ猛威をふるう「エボラ出血熱

 

各国で、感染者の情報が出だし「エボラパニック」「パンデミック」の

様相を呈してきた。

 

富士フィルムの子会社製薬メーカー」が開発した本来は

「抗インフルエンザ薬」を罹患したフランス人看護師に投与したところ、

回復し退院したというニュースが流れ、それを受けドイツ政府が、

我が国「厚労省」に対し、エボラ治療薬としては未承認だが、

「緊急措置」として供給依頼があり、同子会社がそれに応じた、

というニュースが流れた。

富士フイルムの薬品、独でもエボラ患者に投与 : 科学 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)


エボラ出血熱患者が富士フイルム開発の医薬品で治癒して退院 - ライブドアニュース

 

現在、世界各国からも依頼の動きがあるそうだ。

「医薬品」で本来の目的以外のいわゆる「副作用」的要素で、

全く違う病気の「特効薬」になることは、よくあることだ。

 

フランス、ギニア両政府はこの未承認薬「ファビピラデル」の臨床試験

始めている。

 

厚労省は「未承認薬」との理由で「特例措置」の扱いしかしていないが、

世界の現実は、そんな「お役所仕事」的なことでは済まされないほどの

パニック状態だ。

 

ここは、政府も「人道的援助」として、富士フィルムと協力し合い、

なんとしてでも「パンデミック」を抑えるために、迅速な対応を世界中に

示さなければならない時だと考えている。

それが、安倍首相が進めている「地球儀外交」の真の姿に繋がるのではないだろうか。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。