[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

松山英樹 クラブセッティング ウェッジ4本! PGA仕様で臨む今シーズン!!

ほとんどのアマチュアゴルファーにとって、ウェッジアイアンは2本というのが、

一般的なクラブセッティングだ。

そして、日本国内のツアープロも2本、中には3本入れているプロもいるかも

しれないという程度だと思う。

しかし、現在のアメリカPGAツアーでは、

ウェッジは4本というのが主流になってきている。

【スポンサーリンク】


PGA参戦2年目に入った松山も、3アイアンを抜き、

ウェッジ4本のPGA仕様セッティングで今季に臨む

ことになった。


松山英樹 新シーズン開幕はウェッジ4本で【米国男子 PGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

PGAツアーは非常に詳細なデータを提供しているが、

昨年の松山は、100Y辺りのアプローチは普通にこなしていたが、

70~80Yのアプローチになると、ツアー選手の中でも極端に

順位が落ちていた。

【スポンサーリンク】


300Yのドライビングディスタンスが当たり前になってきた

PGAツアーでは、PAR4ミドルで、これまでより「中途半端な距離」が

アプローチとして残ることが多くなった。

(ちなみに昨季の松山の平均ドライビングディスタンスは294.8Yで、

全体の51位だ)

PAR5ロングでは、2打目でグリーンを狙う選手も相当多くいる。

狙いより少し外すと深いラフやブッシュにはまる難コースが多い

PGAツアーでは、難しいライからの「高い精度」のアプローチが求められる。

そこで、松山も4本のウェッジで勝負となったが、松山らしいのが、

4本ウェッジと3アイアンを抜いたため、年内いっぱいの大会では、

1.5度ほどずつロフトを立てたアイアンにしっかり感覚を慣れさせる、

試運転モードで乗り切り、年明けから本気モードで攻めようとしていることだ。

本番の緊張感のある試合の中で、試そうとする姿勢がいかにも松山といった

感じで頼もしい。

PGA仕様のセッティングにし、より万全の体制で挑む14-15年シーズンは、

また一段階も二段階もギアを上げた松山のゴルフが見られそうだ。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。