[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【書評・レビュー】高橋弘希著『指の骨』 三島由紀夫賞・新潮新人賞・第152回芥川賞候補作 あらすじ・感想 

2015年6月25日更新

著者:高橋弘希 『指の骨』 新潮社 第28回三島由紀夫候補作 新潮新人賞受賞 152回芥川賞候補作品 あらすじ・感想

久方ぶりに「純文学雑誌」なるものを買い込んだ。以前は、毎号何誌も濫読していた時期もあったが「純文学誌」を読むのは、数年ぶりだ。

今月発売の「新潮」「群像」「文藝」「すばる」4誌は、それぞれの「新人賞」発表号でもあり、新進気鋭の「純文学作家」を探し出したい意味合いもあった。

(当記事は文芸誌「新潮」新人賞受賞時に執筆したものです)

【スポンサーリンク】


(『指の骨』第28回三島由紀夫賞ノミネート記事はこちら)
h-idayu.hateblo.jp

2014年下半期「芥川賞・直木賞」候補作品記事はこちら【2014・平成26年下半期】第152回芥川賞・直木賞候補10作品決定!注目ノミネートは!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ


そんな中

「新潮」の新人賞作品『指の骨』

には、新人作家とは思えない

「表現力」「話に引き込む力」「圧倒的な存在感」を感じ、

選考委員、全員一致で即受賞が決まったというのもなるほど頷ける内容であった。

舞台は太平洋戦争の南方戦線、ある架空の島の「野戦病院」での出来事が、

作品の大半を占める。

新潮 2014年 11月号 [雑誌]

新潮 2014年 11月号 [雑誌]


作者の高橋弘希氏は、未だ三十代と若いのだが、まるで作者が実際に当時の

その戦地に出兵していたかの様なリアルさが表現され、また戦友達の儚い

死に様を描きつつも、反戦でもなく戦争を美化するでもなく、

主人公に淡々とその様を語らせる手法は、戦争を描く作品にありがちな

押しつけがましさも無く、好感が持てる。

選考委員の方も論評されていたことで、2,3点あれ?と思う部分は

あるのだが、物語に引き込む力は今後「エンターテイメント」でも

十分のやっていける作家だという認識を持った。

【スポンサーリンク】



今後、どの様な形で作品を紡いでいくのか、どういった世界観を描いていくのか、

久しぶりに「純文学誌」を読み、この様な新人作家に出会えたことは、

文字通り僥倖に出会えたというのが、私の正直な感想だ。

(※当記事は文芸誌「新潮」新人賞受賞時に執筆したものです)

(『朝顔の日』書評記事はこちら)
h-idayu.hateblo.jp


(その他 書評記事)
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp
h-idayu.hateblo.jp


※ゐ太夫のぶろぐは「ブログ村」「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

 
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。