[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】初のCS初戦勝利 悲願のファーストステージ突破へ 一抹の不安も

これまで、CS初戦勝利がなく、敗退を余儀なくされていたタイガース。

 

昨日の試合で、

球団初の「CS初戦勝利」

で視界は良好だ。

 

しかし、昨日も「勝ったからいいものの」という懸念材料が。

 

1番に西岡を組み込みために、上本を2番に下げ、7番に藤井、8番大和。

 

西岡は、無安打。2番、上本は「猛打賞」という皮肉な結果と、

マートン、福留が作ったチャンスの場面では7番8番で凡退。

 

完全に打線が線として機能せず「福留の一発」で勝負が決まった。

 

中10日の登板とは思えないメッセンジャーの好投に救われたものの、

1-0の勝利は薄氷を踏む思いであったことは、間違いない。

 

西岡の三塁の守備も、とても不安定で、今日も1番三塁西岡ならば、

守備の不安と、下位打線をどう組むか?にもよるが、

打線の繋がりの不安も残る。

 

また、和田監督は「CSは動いていく」という発言だったが、

昨日の試合を見る限り、発言とは全く逆の「動かざること山の如し」は

シーズン中と同じであった。

 

広島は得意とする「能見」先発が予想されるので、

連勝で勝ち抜けを決めてしまいたいが、今日の和田監督の采配やいかに?

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。