[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】悲願のCSファーストステージ突破!!見えたファイナルへの課題

これまで何度もチャレンジし、超えられなかったCSファーストステージの壁、

昨日の初戦を取ったことが大きく、先発、能見、福原、そして3イニングを

投げ切った、オ・スンファンで12回を0封。

 

見事、2戦で史上初の「引き分け」ファイナル進出を決めた。

 

ただ、打線はというと、前記事でも書いたが、1番に西岡を入れたことによる

下位打線の並びの弊害が出ている。

 

【阪神】初のCS初戦勝利 悲願のファーストステージ突破へ 一抹の不安も - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

 

昨日は、西岡が全く打てず、今日は2番の上本がバント失敗も含め無安打。

 

相手先発、大瀬良もかなりいい投球をしていたが、2日間で1得点は、

ファイナルステージが東京ドームで「打撃戦」が大いに予想されることからも、

「打線が繋がらない」ままでは、苦戦が予想される。

 

今日はベンチも「走る野球」を仕掛けてきたが「エンドラン失敗」

「盗塁死」が出た。

 

もちろん「走る野球」は「ギャンブル性」があるので、結果アウトになることは、

何ら批判はしないし、走者は出るものの、何も策を打たず「残塁の山」を

築くよりは、余程いいことだと思う。

 

しかし、長いレギュラーシーズンでやらなかったことを、

突然CSで始めても決まる可能性は低いことは、自明だ。

 

ファイナルの相手、読売はエース「菅野」が故障で、登板してこない。

十分に勝ち上がれる可能性はある。

 

長打力では勝てないが、なんとか打線の繋がりを出すこと。

登板する投手は、本塁打警戒をしすぎて、ランナーを出し、

そこで一発いかれないことだ。

ソロ本塁打は致し方ない、と開き直って行くしかない。

 

「走る野球」が決まる可能性も低いが、言ったからには継続し、

バント、バントの野球はせず、動けるタイミングは積極的に動いて欲しい。

「反省点」は来季に繋げるしかない。

 

今回、3戦までもつれず、先発を1枚温存出来たことも大きい。

 

短期決戦は勢いも大事だ。

勢いに乗ったまま、この期間中「待つ」しかなかった読売に対し、

塁上を掻き回していこうではないか。

 

そして、逆転「日本一」へ。

 

 

 

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。