[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

松山英樹 「フライズドットコムOP」最終日 終了後コメント

PGAツアー開幕戦「フライズドットコムオープン」を見事

トップと3打差の3位で終えた「松山英樹

のホールアウト後のコメント。

 


3打差3位の松山英樹「チャンスはあった」【米国男子 PGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

4日間を通して初めてコースを吹き抜けた風は、時に強く、時に弱く、方向を変えて選手たちを悩まし、上位のスコアは伸びていかない。

そんな中、松山はショットでチャンスを作り続けた。だが、前半はことごとくバーディパットがカップに嫌われ、折り返した12番で1mを沈めたのが、この日初めてのバーディだった。続く13番で1.5mのバーディパットを外すと、両膝に手をついて悔しがり、16番(パー5)でも1m強のパットはカップの底を叩かない。

それでも、17番でこの日2つ目のバーディを奪うと、最終18番(パー5)は2打目でグリーン奥のカラーまで運んだ。だが、約9mのイーグルトライは、カップ寸前で読みとは逆の右へと切れた。

「仕方ない――」。パッティングが入るかどうかは紙一重。松山は「入っていないけど、そんなに悪いとは思わない。(パットを)外し続けても3アンダー、4アンダーくらいで回れるショットがあればと思う」とぶちかました。

結果的に優勝したベとは3打差だった。「13番から16番で2個くらい取って、最後のイーグルパットが入っていれば優勝のチャンスがあった」というのは事実。だが、スイングイメージを変えた中での初戦と考えれば、3位という成績も上々だ。

「お先、真っ白(真っ暗?)から少しずつ光が見えてきた」というのが松山の率直な感想だ。「コースが変われば、気持ちの持ち方も変わってくる。そこでどういうスイングができるかが楽しみです」と次週のラスベガスへと気持ちを向けた。

 

終わってみれば、

この4日間をすべてアンダーパーでラウンドした松山英樹

 

そして、まだまだ「4本ウェッジ」の実戦お試し期間中でもある。

それでも、スコアをまとめてくる強者だ。

 

今日の、読めない「強風」も全英オープンのいい練習くらいに

思っていたかもしれない。

 

個人的なことで恐縮だが「優勝争いに食い込んでくるだろう」という

私の予想も当たってくれて、嬉しい。

 

次戦以降も「進化し続ける松山英樹」を必ずや魅せてくれるに違いない!

(文中 敬称略)

 

関連記事:

 

【速報】松山英樹「フライズドットコムOP」最終日ホールアウト - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

 

 

松山英樹 ウェッジ4本! PGA仕様で臨む今シーズン - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

 

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。