[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

日経平均 ついに2ヶ月ぶりに15,000円割れ

三連休明けの東京市場、世界経済後退懸念、為替では一時106円台までつける円高、

アメリカ株も前日に半年ぶりの安値を付け、世界的なエボラ出血熱の感染拡大等

ほぼ上がる要素はないといっても過言ではなく、終わってみれば、

前週末比364円安の14,936円で、心理的節目の15,000円を割り込む動きとなった。


東証大引け、続落 2カ月ぶり1万5000円割れ、商社株が安い :国内株概況 :株式 :マーケット :日本経済新聞

 

さすがに、ここまで下げてくると「指標」では「割安感」は出てきてはいるが、

世界市場が「神経質」な動きを見せる中、外国人投資家の持ち高調整の影響も

ありそうだ。

15,000円をあっさり割り込んでしまう辺りに、世界経済から波及する弱含みを

感じてしまう。

ここで、そろそろ反発が来るとは思うが、それがどこまで押し上げていくことが

出来るか?まだまだ下値を模索する動きが当面続くのか?

日本株も外的要因を睨みながらの神経質な動きをせざるを得ない。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。