[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】ファイナル開幕直前 下克上へ! 阪神有利か!?

いよいよ、CSファイナルステージ開幕が近付いてきた!

 

ファイナル開幕戦の先発予想は「藤浪」か「岩田」か?

大方の予想は藤浪だが、調子の良い方を先に持ってくる、

今季チーム内防御率1位の岩田を持ってくる等、選択の基準は色々あるが、

ここまで来たら和田監督の野球勘に賭けようと思う。

 

ちなみに、岩田は9月の登板ラスト2試合に関しては、ほぼ完璧な内容。

それぞれ8イニングを投げ自責、失点ともに0。

打線の援護がなく惜しくも二桁勝利ならずの登板であった。

 

ホーム読売に既に「1勝」が付されているうえの「短期決戦」

今日、初戦を取りに行くことが何よりも重要だ。

 

ファーストステージでは広島の前田、大瀬良ともに素晴らしい出来ではあったが

タイガース打線の「拙攻」と見ることも出来る。

 

先の記事でも書いたが、1番に西岡を持ってきたことにより、7番藤井8番大和と

好調な福留の後が打線として繋がらない。

1番西岡が沈黙すれば、2番上本が猛打賞。2試合目は、西岡、猛打賞、

上本、無安打と1,2番も上手く機能していなかった。

この辺りの打線の調子がどこまで上がってくるか?

和田監督は打線の組み替えも考えているのか?も見所だ。

 

今回は、既に絶対的エースとなりつつある

「菅野」が故障離脱で不在。

ここは付けいる隙、大いにありの要素だ。

 

東京ドーム開催のため、ソロホームランは仕方ないと割り切り、

走者をためないこと。

ゴメス辺りは力まず、当てればホームランだくらいの気楽な気持ちで

打席に入って欲しい。

幸い、ファーストステージでも外角に落ちる・逃げる球の見極めは出来ていた。

 

あとは、走者が出れば動かしていくことを徹底し、

チャンスは絶対にモノにする気持ちを強く持って欲しい。

 

「短期決戦は苦手だ」という意識は、ここまで来たらもう忘れよう。

言霊ではないが、この段階まで来れば「雑念」以外の何ものでもない。

 

最後は「精神論」になってしまうが、ファーストステージを突破した

勢いはタイガースにある。

 

ペナント終了から「待つ身」であった読売に対し、初回から果敢に攻め、

ある意味開き直った投球・守りで初戦を獲りに行く。

 

失敗を恐れない、萎縮しない野球で、敵地東京ドームでも暴れ回る

タイガースの姿に期待したい!!

 

そして、何よりこの時期まで「野球が出来る」ことに喜びを感じ、

何が何でも「逆転日本一を獲りに行く!」という強い気持ちを

胸に闘って欲しい!!

 

(文中 敬称略)

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。