[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

松山英樹 国内5試合ルール問題「シード権」放棄へ! ペナルティーは!?

以前から何度も当ブログで扱ってきた、

松山英樹の「国内ツアーシード権 ノルマ5試合出場ノルマ問題」

【スポンサーリンク】



ここに来て、

事実上「権利を放棄」することが判明した。



日本の出場義務試合数は?―松山英樹「迷いはなかった」【米国男子 PGA】|GDO ゴルフダイジェスト・オンライン

タイガー・ウッズがホストを務める「ヒーロー・ワールドチャレンジ」への

招待を受け、出場を決めた。

ただし、その時期は国内ではツアー最終戦「日本シリーズJTカップ」が

開催されるため、国内出場義務の5試合を満たせないことが、事実上、確定した。

「JGTO」のペナルティーが規則通り、実行されれば、1年間の「シード権」停止され、2015年の国内ツアー出場は「主催者推薦」が必要となる。

以下「GDO」から松山コメント引用

松山は毅然と言い切った。「迷いはなかったです。フィールドが厚い舞台でやることは自分が求めていることだし、(出場する)18人のメジャー優勝の合計“21”という数字を見れば、そこで勝つことができれば、もっともっとメジャーで勝つ力もついてくると思うので」。

もちろん、松山が国内ツアーを軽視したり、恩を感じていなかったりする、ということはない。それどころか、松山なりに国内ツアーへの貢献方法は考えている。日本人初のメジャーチャンピオンになること。世界の頂点を極めること。その上で国内ツアーに参戦すれば、日本のゴルフ界はもっともっと盛り上がるに違いないと。

「今年に限って5試合を満たすのは難しくなったけど、決められたことなので守らなきゃいけないと思う。自分はやりたいようにやっているわけで、試合数を満たさないっていうことで罰を受けるなら、受けなければいけないと思う」。昨シーズンの米ツアー開幕後に急造された新規定だが、それでも罰は甘んじて受けるつもりだ。

JGTOの罰則規定には「理由を精査した上で、最終決定する」という文言は

入ってはいるが、どういう対応をしてくるか?は不明だ。

海老沢JGTO会長の一連の発言からしても、罰則は科せられると思われる。



以前から、この問題に頭を悩ませていた松山、結果「ノルマ出場数果たせず」

という結果で、決着をつけることになってしまったが、

「松山の強い意思表示」はアメリカPGAでやっていく「不退転の決意表明」

でもあり、ますます今季が楽しみになってきた。

【スポンサーリンク】



ただし、松山は「JGTOにはこれからも出来るだけ協力していきたい」という

気持ちに変わりはない。

人気・実力を兼ね備えた「松山英樹」「石川遼」を明らかに念頭に置いた

悪法とも言える「国内5試合出場義務」ルール。

日本の松山ファンの気持ちは置き去りにされ、

松山にも苦悩を与え続けた。

JGTOには「ルールの撤回」を強く求めたい!

(追加最新記事)

松山英樹 「国内5試合出場義務ルール」撤回!JGTOに影響力見せ付けた![応援ブログ] - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【松山英樹】JGTO国内5試合出場義務ルールのその後?うやむや?松山は優勝シードで来季出場クリア![応援ブログ] - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【松山英樹】いよいよ再始動!「ヒュンダイ トーナメントofチャンピオンズ2015」テレビ放送・中継予定 微調整すべき課題 [応援ブログ] - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【出場予定】松山英樹 今後のスケジュール(10/21以降)と現在のランキング - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ


松山英樹 クラブセッティング ウェッジ4本! PGA仕様で臨む今シーズン!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ


© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。