[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【書評】文芸誌『文藝』 文藝新人賞作品『死にたくなったら電話して』

以前の

【書評】記事で「新潮新人賞作品」『指の骨』

を紹介し、

その中で、今回は3誌の「新人賞」発表があるため、久しぶりに「純文学雑誌」を

買い込んだ。と書いたが、今回はその1つ

「文藝新人賞作」 李龍徳 著 『死にたくなったら電話して』

をご紹介したい。

【スポンサーリンク】


2014年下半期「芥川賞直木賞」候補作品記事はこちら

【2014・平成26年下半期】第152回芥川賞・直木賞候補10作品決定!注目ノミネートは!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

大学三浪中で、エリート家族の中でひとり出来が悪く、

両親からほぼ無視されて思春期を過ごした「徳山」が主人公だ。

三浪が決まり、家を出てチェーン店の居酒屋でバイトをしながら、

生活費と学習費を稼ぐ。

徳山は、外見は高身長でそこそこ顔も良いのだが「内省的」で「自己肯定」が

出来ず煩悶とする日々を送る。

ある日、バイト仲間と自宅とバイト先のある大阪・十三の「朝キャバ」へ行き、

そこでその後、彼女となる「初美」と出会う。

【スポンサーリンク】


初美は徳山を初めて見た瞬間に「自分と同じ人間だ」と分かったらしいのだが、

初美の素っ頓狂な登場シーンといい、残虐・猟奇的な蔵書の数々といい、

彼女は頭の良さに加え、何かしらの不安定さを感じさせる。

そして徳山は初美に惹かれていく…

といった感じで話は進むのだが。

作者の李龍徳氏については、

「奇をてらいながらもリアルさを失わない」

「ただひたすら虚無感を漂わせつつ、初美の言葉を使って現実社会を描く」

「話に引き込む力」があると感じた。

ただ、ラストに向かっていくシーンで、破滅へと向かっていく2人に対し、

敢えて現実世界の陽なる考えをぶつけ、現実へ引き戻そうとし、

2人はそれを葛藤することもなく拒絶するという箇所があるが、

どうもあっさりしすぎていて、そこがリアルでいいと思う反面、

違う表現や対比の仕方で、破滅を際立たせる方法も

あったのではないか?という感想を持った。

選考委員の方々の間でも議論があったという「メール」の部分だ。

ただ、本当の虚無感てこんなモノだなとも考えられ「陽なるメール」不要と

思わせるのも作者の意図なのか?

まだ、もうひとつの「文藝新人賞作」は未読なのだが、

受賞された李龍徳氏の次作が楽しみになった。

いわゆる「純文学」なるものも、まだまだ捨てたもんじゃない。


ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

書評・レビュー ブログランキングへ

死にたくなったら電話して

死にたくなったら電話して

アルタッドに捧ぐ

アルタッドに捧ぐ

文藝 2014年冬季号

文藝 2014年冬季号

(関連記事)

【書評・レビュー】第119回文學界新人賞作品 『トレイス』 板垣真任 著 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ


【書評】オール読物 第94回 新人賞作品『花村凜子の傘』 榛野文美 著 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ


【書評】文芸誌『新潮』 新潮新人賞作品『指の骨』 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【書評】レビュー 『二進法の犬』 花村萬月 著 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。