[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】CSファイナル3戦 下克上なるか!?ついに「日本シリーズへ」に大手を掛けた!

クライマックスシリーズ ファイナル第3戦 

阪神4-2読売

これで、3勝1敗となり、ついに日本シリーズへ大手を掛けた。

 

試合前のオーダーを見て、6番から福留を外し新井良太を入れてきた和田監督。

相性の問題があったのだろうが、いい流れで来ている時に、

しかも打っている選手を替えてしまうというのは、禁じ手であり、

正直、今日は負けを覚悟した。

俗に言う結果論になるが、案の定4回満塁のチャンスに新井良太は三振、

逆に6回に、その新井良太の代打で出た福留はレフトへタイムリーを

打っている。

 

先発投手は、メッセンジャーと杉内の投げ合い。

 

先制点も読売に取られ、初回、3回と2点を取られ、

長野のファインプレーも出て、完全に流れが向こうに行ってしまった。

 

これまでのタイガースであれば、完全な負けパターンであり、

この試合の1敗だけで済めば儲けもので、このままずるずる行く

嫌な雰囲気を感じていた。

 

しかし、先発メッセンジャーも2点の失点で踏ん張り、

6回にゴメス、福留タイムリーで同点に追いつき、

7回には再びゴメスが2点タイムリーで逆転に成功する。

 

先制点を取られ、ずるずる行くパターンが、今のタイガースには

当てはまらないほど、勢いを感じる。

 

相手に行った流れを、呼び戻すことの難しさは、シーズン中の

タイガースを見ていれば、理解して頂けると思う。

 

オ・スンファンのイニング跨ぎの連投も、きっちり仕事をやってのけ、

ゲームセットのアウトは、

大和の「球史に残る」といっても過言ではない

大ファインプレーで締めてくれた。

 

このままいい流れで、明日には決めてしまいたいが、

和田監督の采配には不安な点もあるので、注意が必要だ。

そして、油断禁物なのは、短期決戦で王手を掛けてから

連敗を重ねて敗退していったケースも多くあることだ。

窮鼠猫を噛むというやつだ。

 

まあ、そうは言っても「今は乗りに乗っている」状態なので、

例え相手に流れの行く逆境も、覆すだけの勢いと力がある。

 

この勢いのまま、明日決めてしまおうではないか!!

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。