[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】奇跡的な強さ!?成し遂げた「下克上」!!やれば出来る虎(こ)!

これまで何度も味わってきた「短期決戦の怖さ」

 

それを、広島・読売相手に見事に見せつけた!

東京ドームの狭さの恐怖も逆手にとったホームラン攻勢。

打線の勢い、投手の気迫、本当に投打が噛み合ったCSだった。

CSファーストステージから、何と無敗での「日本シリーズ進出」

 

勢いを完全に持続し続け「完勝」といってCSでのタイガース。

 

「監督の胴上げ無し」「ビールかけ無し」それは「日本一」にとっておく。

頼もしい気構えだ。

 

MVPの呉昇桓、CS全試合連投でストッパーの仕事を果たしてくれたことには、

本当に頭が下がる思いだ。

MVPインタビューで「今日打たれた本塁打は、日本シリーズで注意しろということ。

しっかり練習して打たれないようにする」

呉昇桓の謙虚で前向きな気持ちの良いコメントだった。

今日、打たれた本塁打は「東京ドーム以外では入らない当たり」なので、

心配なし。

 

和田監督のインタビューでも、ファンを思いやる気持ちが出ていて、

改めて和田豊という人の、人柄の良さを見た。

 

自分たちの隙を見せずに、相手の隙に付け込む。

相手に持って行かれそうになった流れを、もう一度呼び込む。

 

この数年間で「一番強いタイガース」が、このCSで出たのでないか?

 

選手個々のCSに掛ける気持ちも強かったと思うが、福留、西岡の実績ある

メジャー組の「大舞台での気迫と落ち着き」にチームが助けられた部分も

大きい。

 

そして、キャプテン鳥谷の「能見さんはエース。エースが投げる試合では、

絶対に打ちたい」普段はクールに見えるキャプテンの気持ちも全面に出た。

 

まだまだ細かいことも、課題点もたくさんあるが、

それは追々書いていくことにして、

ひとまず今日は美酒に酔いしれよう!

 

あくまでも目標は、悲願の「日本一」

 

ベンチ、選手が高い目標を共有していることは、何より力強い!!

 

(文中 敬称略)

 

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。