[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【書評】『私を通りすぎた政治家たち』 佐々淳行著

日本に危機管理の概念を持ち込んだ「第一人者」と言っても
過言ではなかろう「佐々淳行氏」が上梓された

『私を通りすぎた政治家たち』 佐々淳行著  文藝春秋

を読了。

私を通りすぎた政治家たち

私を通りすぎた政治家たち

氏が「私の最後の著書」と銘打ち、これまで接してきた大物政治家達の
実情を佐々氏らしい、しがらみに捕われない鋭い論調で、記している。

【スポンサーリンク】


政治家達を、いわゆる「ステーツマン」と「ポリティシャン」に分け、
「ポリティシャン」(政治屋)と分類した人物に対しては、

そこまで書いて大丈夫か?

と思わせる様な辛辣な内容で書かれている。

世間で「清廉」なイメージのある政治家が、実はとんでもない
私利私欲にまみれた「政治屋」であり、時に自分の好き嫌いで
人事を動かし「公私混同」も激しかった事実が列挙されている。

また政治家だけではなく、氏の広い交友関係から在日米国大使や
米国の大物政治家達とのやり取りから、その人物論も忌憚なく描いている。

【スポンサーリンク】


佐々氏は「保守」の方に身を置かれる立場ではあるが、
いわゆる「左」の急先鋒の様な立場の政治家、活動家でも
氏の長きに渡る論的であったにも関わらず、

「一本筋が通った人物」は公正に評価をしている辺りも、

好感が持てる。

私も世間一般のイメージとは異なる人物評に接し、勉強になったと共に、
そして

佐々氏が生涯を掛けてきた「危機管理」の分野

に関して、今、巷間喧しい批判もある

「インテリジェンス」分野に於ける

現政権の体制作りに対し、一刻も早くその実効性を持たせることの
重要性を改めて認識させられた。

佐々氏が「私の最後の著書」と言われるだけの内容であり、
普段余り政治に興味がない方でも「興味深く」読めるのではないだろうか。

一読の価値あり!

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。