[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【新幹線】世界へ売り込め!日本の「技術の粋」と「ソフト面アピールの重要性」!!輸出・売り込み強化策!

昨日、都内で開かれた

高速鉄道国際会議。

今月で開業50年を迎えた東海道新幹線を記念

して

開業以来、乗客の死傷者ゼロという高い安全性と技術を世界中に売り込む

場でもあった。


“オールジャパン”で新幹線輸出加速に高まる機運:イザ!

JRグループなどでつくる国際高速鉄道協会
(IHRA)の宿利正史理事長(元国土交通事務次官)は
以下の様な「基調講演」を行っている。

「50年かけて磨き上げ、改善してきた新幹線は、単なる高速鉄道ではなく、皆さんの国の経済や社会、生活スタイルに変革をもたらす交通システムだ」

【スポンサーリンク】



現在、世界には10前後の国で「高速鉄道計画」があるという。

しかし、これまで海外への日本の新幹線の輸出実績は、
2007年の台湾のみに留まっている。

日本の新幹線は、その安全性と高速性を担保するために
高架を走行させ「集中運転システム」による制御等、
日本独自の手法で、営業走行を行ってきた。

また、

新幹線は世界の長距離高速鉄道と比較しても、その時間の正確性は希有な存在でもある。

【スポンサーリンク】


ただ、輸出先各国の文化や環境、予算がそれぞれ違う中、

どれだけ柔軟に、各国の要望に応えうる新幹線を売り込めるか?

というのが、大きなキーワードになってくるだろう。

これまで、何度かフランス、ドイツの高速鉄道と、
新規の売り込み競争をしてきたが、結果は先に述べたように
台湾一国のみというものだ。

今後、我が国が誇る「新幹線」の売り込みで、
各国と激しいプレゼン競争が予想される。

「新幹線」そのものの技術力(ハード面)は、もちろんだが、
安全性、時間の正確さ、点検・保守といった面での

導入国の人材の育成・教育といった

人的支援(ソフト面)での「売り込み」

も重要になってくるだろう。

官民一体で取り組む姿勢はいいが、画一的な売り方は排除して、
各国に合わせた柔軟な姿勢と人的交流も含めた、

トータルパッケージの売り込みが、

ライバル国に勝つための重要な要素になる

と考えている。


ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。

人気ブログランキングへ

新幹線を良く知る基礎知識 (深遠なるマニアの世界への第一歩!)

新幹線を良く知る基礎知識 (深遠なるマニアの世界への第一歩!)

新幹線とナショナリズム (朝日新書)

新幹線とナショナリズム (朝日新書)

(関連記事)

【動画・鉄道】東京駅「100周年記念」イベント目白押し!復活ブルートレイン「富士」発車映像・100年前の東京駅映像も! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【鉄道】復活!寝台特急「富士」と「お召し列車」E655系「なごみ(和)」の豪華素敵旅!JR東日本 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

「新幹線」始まり物語とその今後 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【鉄道・観光】箱根登山鉄道に新型車両3000形「アレグラ号」登場!そろそろ「紅葉」も見頃を迎える箱根の紅葉情報も♪ - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。