[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【政治】宮沢経済産業大臣「私にそういう趣味はない」「SMバー問題」に見る「安倍内閣・閣僚の脇の甘さ」 戦後最長記録を誇る閣僚交代無しの強固な内閣はどこへ?

小渕前大臣の辞任

に伴い、新たに就任した

宮沢洋一経済産業大臣資金管理団体の政治活動費が

「SMバーの支払い」に充てられていた

という報道が出た。

宮沢大臣の説明では

「地元(広島)の事務所の者が行ったことは、間違いなく。私は行っていない。

私にそういう趣味はなく、行った本人に支払いをさせる」とのこと。

【スポンサーリンク】


最初の報道では、これが本人が行ったとなれば野党やマスコミは

「SM大臣」

など名付けて、次元の低いやり取りになることを危惧をした。

本人は行っていないにしろ

「政治活動費」で領収証を切り「政治資金収支報告書」に

「交際費」として計上する事務所の人間の感覚

は理解に苦しむ。

【スポンサーリンク】


小渕前大臣の後を受けて就任した大臣に、
こういった次元の低い話が出て、問題化するのは、
先の当ブログでも書いたが、

大臣選定に辺り拙速に過ぎた

のではないか?と考えてしまう。

第二次安部内閣は、戦後最長の発足して1年8ヶ月間閣僚の交代なし

という内閣で、発足の際に

大臣候補の身辺調査、身辺整理を徹底

したものと評価していた。

しかし、改造内閣発足後の女性閣僚に対する細かな問題指摘や
小渕、松島両大臣の辞任に至っては、

その選定に関して拙速に過ぎたのではないか?

ということも拙著ブログで書いた。


「小渕大臣の進退問題」 政治も経済も停滞の危機か!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

このような次元の低い話で

政治の停滞を招いてしまう

ことに関して大きな危惧を抱いている。

野党がこぞって、この問題や前大臣の問題について追及をし、
重要な政策課題について、前に進まない可能性があるからだ。

特に

川内原発再稼働については、待ったなし

の状況であり、

小渕前大臣、宮沢大臣はその所管の経産省の担当大臣だ。

今後まだまだ重要法案山積の中、これまで身内の手綱をしっかり締めてきた
安部総理、菅官房長官を始めとする官邸サイド、政権中枢の
脇が甘くなってきているのでは?とも思えてしまう。

第二次安部内閣の最重要課題は

景気回復であり、

戦後レジームからの脱却

という、

これまで誰も成し得なかった大きなテーマもある。

大事の前の小事ではないが、こういう些末かつ次元の低い話で、
野党に付け入る隙を与えていては、その大事も成せなくなる
可能性もある。

安倍内閣には、今一度手綱を引き締めて、
諸々の政策課題にしっかりと取り組める姿勢を取って
貰いたいと考えている。

(文中 敬称略)

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。