[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【ゴルフ】松山英樹 予定されていた「5試合出場義務ノルマ」問題に関するJGTOからの事情聴取「延期」に!!

国内ツアー5試合出場義務のノルマをタイガー・ウッズから
「ヒーロー・ワールドチャレンジ」への招待を受け、
同じ日程で国内ツアー「日本シリーズJTカップ」があるため、

事実上の国内シード権放棄となっていた松山英樹

【スポンサーリンク】


来週からアジアラウンドへ赴くため、この週末は一時帰国し

その期間にJGTO側からの「事情聴取」が予定されていたが

ツアー関係者からの話によると「事情聴取」はHSBC選手権

(11月6~9日、中国)以降に延期になることが分かった。


Yahoo!ニュース - 松山英樹への事情聴取は先送り (東スポWeb)


Yahoo!ニュース - JGTOが松山を今週にも事情聴取 (東スポWeb)

規定では今回の松山のケースを懲戒・制裁の対象としており、その対応を決めるためのもの。仮におとがめなしとなった場合でも、昨季賞金王としての5年シードを来季、行使できないことに変わりはないという。

「懲戒・制裁の対象」になっているとしたら、
そもそも

「事後法的」に作られた今回の

「5試合ルール」そのものの有効性も問われかねないこと

であり、
「5年シード」の行使が出来ないということに関しても同様だ。

松山英樹の意見や事情を穏やかに聴くというスタンスにしても、

「5試合ルール有りき」では、話し合いにはならないと思われる。

もし、今週「事情聴取」を予定していたとしたら、
アメリカからアジアへ転戦する間の

「松山の心身を休める重要な時」という配慮に著しく欠けていて、

そういう体質の改善こそが、ます機構側に求められよう。

【スポンサーリンク】


(関連記事)

【ゴルフ】丸山茂樹も声上げた!「国内5試合ルール」に反論!!松山英樹 石川遼 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ


松山英樹 国内5試合ルール問題「シード権」放棄へ! ペナルティーは!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。