[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【経済・市況】まさに絶妙なタイミングだった!?2発目の日銀黒田 波動砲!日銀追加緩和 7年ぶりの大幅株高と6年10ヶ月ぶりの円安水準!!

消費税増税後の戻らぬ国民の消費マインド。

欧州を始めとする世界経済の下落懸念。

エボラ出血熱の世界的感染による心理的マイナス。

閣僚辞任や野党からの問題追及による安部政権の支持率低下。

【スポンサーリンク】


これらを含む複合的要素で、

大幅な下落と共に値動きの荒い動きを見せていた「日経平均

そんな中、昨日は月末と週末が重なる、いわば閑散相場が
想定される日のはずであった。

【スポンサーリンク】


ところが、

後場に入り日銀・黒田総裁が「金融政策決定会合」に於いて、

「追加の量的緩和策」実施を発表。

そこから日経平均は一時800円高まで上昇し、16,413円で大引け

為替も112円台に突入した。

どちらも約7年ぶりの高値・円安水準だ。

GPIFがポートフォリオの株式の割合を50%に上げ、

国内株式も25%とすることを発表していたことも
併せて高値を追う動きになったのではないかと推測する。

外国人投資家や機関投資家達にとってもサプライズであった様で、
後場はまさに「買いが買いを呼ぶ」相場になった。

「金融政策決定会合」では5対4のぎりぎりの追加緩和賛成票で、
決定したようで、まさにこの薄氷を踏む攻防がサプライズ
繋がったものと解釈している。

また、以前の記事でも書いたが、安部政権はまずもって「景気優先色の強い」
政権でもあったため、最近の野党やマスコミの攻撃による、これ以上の
「政権支持率」の低下を防ぐこと「政治の停滞を防ぐ」
狙いもあったのではないかと推測している。
(表向き日銀は政府から独立した存在ではある)

先にも述べたが週末と月末が重なり、三連休も挟む中、
短期的なインパクトとしては効果的な「追加緩和」発表であった。

世界経済も欧州、アメリカと大幅に株価を上昇させており、
日本経済の影響力が依然として大きいことを示している。

今後は、中長期的な観点から、このカンフル剤としての緩和策の効果を

有効に持続させていくことが重要になってくる。

株高に依る企業収益の良化で、賃金上昇にまで漕ぎ着け、
今回の緩和策で、国民の景況感アップ、消費マインドの回復を図らねば、
再び堂々巡りにならざるを得ず、カンフル剤としての「緩和策」の
効果も徐々に薄らいでいってしまう。

国民個人にまで、マネーの循環を良くするためにも、政府・財界主導で、
再び賃金を上げていく方策を打ち出していかなければ、
真のデフレ脱却は遅々として進まぬであろう。

このチャンスを逃さないための、官民一体の姿勢が問われている。

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。