[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】新井貴浩 退団決定! 自由契約に! 悲しい結末…

年俸2億円から減俸制限を大きく超える約1億円以上、

8000万円の大幅ダウンの契約更改提示(いずれも推定)の

提示を受けた、新井貴浩がタイガースを退団、自由契約となった。

【スポンサーリンク】



阪神・新井が退団決定、球団に申し入れ了承される - 野球 - SANSPO.COM(サンスポ)

今季94試合で打率・244、3本塁打、31打点。

ゴメスの1塁定着で、主に代打での出場。


現在、新井貴浩は通算1854安打。

名球会入りの2000安打まで残り154本に迫り、
タイガースでは、その達成が難しい可能性が高いため、
他球団との交渉をしやすくするため球団側も「自由契約」としている。

【スポンサーリンク】


広島時代は4番を打ち、05年には本塁打王阪神移籍後の
2010年には打率3割と打点王を獲得。

タイガースへのFA入団時には、カープファンに涙の会見まで
開き、覚悟を決めて入団してくれたことを考えると、
ポジションがなく、他球団移籍も止むなしとしても、

「悲しい結末」を迎えてしまったなというのが、

私の正直な気持ちだ。

これまで、今岡、矢野、下柳という功労者達に関しても、
決して、両者円満な「引退」「退団」には至っておらず、
これまで何度も、当ブログでも書いてきた
「若手実力者OB達」がこぞって、指導者就任を拒否するのも、
こういった球団の姿勢も、その理由のひとつではないかとも、
考えている。

鳥谷のメジャー流出も、ほぼ確実となり、
FA補強の先行きにも暗雲が立ち込めてきている。

来季以降のタイガースのチーム編成には、

かなり憂慮の念を抱かざるを得ない現状だ。

(関連記事)

【阪神】鳥谷、メジャー移籍による来季「4番ゴメス成績低迷」の大きな懸念!3番打者がいなくなるだけではない打順の問題!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【阪神】鳥谷、衝撃のメジャー移籍に続き、新井貴浩流出の危機!?来季タイガースは大丈夫か!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。