[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【阪神】新井良太は天才肌!? 名捕手古田氏も舌を巻いた「どんな配球も通じない」 良太の打撃!その天然っぷりは新庄2世!?

日本シリーズでは、ソフトバンクホークスに「格の違い」を見せ付けられたタイガース。

その日本シリーズでは、普段は阪神戦で余り解説をしない現役選手を含めた色々な解説者の話が聞ける貴重な機会でもあった。

【スポンサーリンク】


1戦目か2戦目の甲子園での試合だったと思うのだが、
元ヤクルト監督、現役時代は名捕手で名を馳せた古田敦也氏が
タイガース・新井良太について、興味深い解説をしていた。


現役時代に対戦した思い出として
新井良太には、どんなリードも通用しなかった」
「どのボールを待っているのか、どれだけ探りを入れても分からなかった」
「セオリー通り攻めても、ウラを掻いても配球が通じなかった」
といったニュアンスのことを語っていたのが、非常に印象に残った。

ほとんどの選手が追い込まれるまでは「狙い球」を決め打席に入るものだが、
全く意図していないボールを振ってきたり、かと思えば、
「え?この球待ってたんちゃうの?」という「野村野球」の申し子の
古田敦也氏を悩ませたらしいのだ。

【スポンサーリンク】


普段見ていて、新井良太は、外角の落ちる球、逃げる球が苦手な傾向はあるが、
時にその辺りを踏み込んでホームランにすることもあれば、
やはり振ってしまうか、引っ掛けてボテボテの内野ゴロということも多い。

また、その打席で一度見逃したコースを追い込まれる前に、
痛打することも多い。

前の打席で、全く打つ気がなさそうに見えたコースを
次の打席で、初球から打ってくることもある。

私も不思議な選手だなと思ってはいたのだが、
古田氏が解説してくれたことで、確信を得た形だ。

おそらく新井良太は、余り「狙い球を絞る」ということを
しない選手なのだろう。

打席の中で「自分が打てる」と思った球を迷わず打ちに行く。

余り、対戦投手の配球傾向等も気にしない選手なのだと思う。

いわゆる「感性」で打つタイプの選手だ。

タイガースで有名なところでは、過去に新庄剛志氏がそういうタイプであった。

その究極形は「長嶋茂雄氏」なのだが。

来季、新井良太は、どの様な形で起用されるか、今のところ不明だが、
彼の持つ天性の打撃センスと長打力は、やはり非常に魅力があり、
こういうタイプ特有の「いい時はいいがスランプにはまると長い」というのも
中日時代から考えると、格段に改善されている。

来季も1番のライバルは今成になってきそうだが、武器である「長打力」を
活かして、レギュラーを勝ち取って欲しいと思っている!

(関連記事)

【日本代表・阪神】IBAF 侍21U 横山雄哉に負けない「北條史也」の打撃 来季 北條史也を1軍ショートで固定してみては?和田監督への「我慢の起用」の提言 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【日本代表・阪神】侍ジャパン 北條史也は、逆転3ラン!2戦で8打数4安打6打点!!今大会打棒爆発!平田ヘッドと共に1軍キップを掴むか!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【プロ野球】元中日・吉川大幾 巨人、横浜が獲得の動き 阪神は動かないのか!? ストーブリーグ・FA・補強 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。