[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【書評・レビュー】 『20』 堂場 瞬一 著 実業之日本社文庫 

昨日(11月15日)の日米野球第3戦の「ノーヒットノーラン」を観て『20』を思い出した。

小説でスポーツ、特に野球モノを描くのは難しいとされてきたが、堂場氏は見事にその定説を覆した。

弱気でコントロールに難のあるルーキー投手が、身売りの決まった球団の最終試合で初先発をする。

8回までノーヒットノーランを続け、9回の20投球を様々な人の思惑や視点から描いた作品だ。

【スポンサーリンク】


かつては、人気・実力を伴った強豪チームが今季限りで
IT企業に身売りをするが決まった。

身売り騒動の最中、チーム最終戦を、弱気で制球難の
高校生ルーキーが初登板初先発マウンドを任される。

制球に難がありすぎる故、フォアボールで走者は出しまくるが、
優に150キロは超えてくる「ムービングファーストボール」を武器に
気付けば8回までノーヒットノーランを続けていた。

【スポンサーリンク】


野球は1試合に、いや投手の1球ごとに「ドラマ」「筋書き」が
あると思っている私にとって、作品の中で1球1球に対する
様々な人々の思いやそれぞれのドラマが見事に描かれている様は、
堂場氏の描写力、ストーリー仕立ての巧みさと相俟って共感出来る部分だ。

例えば、バックで守る野手の得も言われぬ「緊張感」
日米野球・3戦目」ノーヒットノーランの試合の
野手達も然もありなんというところである。

身売りされる球団に居て、来季自分・球団はどうなるのか?という
不安を抱えながらも、ノーヒットノーランを続ける若き才能に
複雑な思いを交錯させる監督、コーチ、選手の面々。

来季は自分のチームでは無くなってしまうが、自分の推薦もあって
獲得したルーキーの今後に夢を託すオーナー。

実際の野球でも悲喜こもごものドラマがあり、
選手達にもそれぞれの事情や思いがある。

数万人の観客、テレビ・ラジオを通して視聴するファンも
入れれば一体どれだけの人が、選手の一挙手一投足に注目し、
自分の人生を重ね合わせ、球団・選手への思いを持っていることか。

今、堂場氏の別の作品を読んでいるところだが、
氏が描く人物はそれぞれ「キャラクター」にいい意味でも悪い意味でも
「人間臭さ」を感じることが出来、思わずのめり込む魅力がある。

これからも堂場氏の多くの作品を読んで行きたいし、
多くの魅力的な作品に出会えることに期待している。

20 (実業之日本社文庫)

20 (実業之日本社文庫)

20

20

(関連記事)

【書評】花村萬月著 『弾正星』 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【書評・レビュー】第119回文學界新人賞作品 『トレイス』 板垣真任 著 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【映画】『谷川さん、詩をひとつ作ってください。』 11月15日公開! 谷川俊太郎氏ドキュメンタリー映画 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【モバイル・アプリ】川に流れる谷川俊太郎さんの「詩」を釣って楽しむ素敵「アプリ」 その名も「谷川」 iPhoneアプリ - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【書評・レビュー】『僕は小説が書けない』 共著 中村航・中田永一 誰でも小説が書ける!?「小説執筆支援ソフト」なるもので執筆された作品 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。