[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【侍21U・日本代表】IBAF W杯 決勝戦 台湾に大敗で準優勝 0-9 打線も郭俊麟(西武)に沈黙 横山雄哉にもミス!北條史也はベストナイン!

IBAF 21U ワールドカップ 若き侍ジャパンは全勝で臨んだチャイニーズ・タイペイとの決勝で、完全アウェイの雰囲気の中、自らのミスから大量失点を重ね「準優勝」の終わった。

ここまで全勝で勝ち上がってきた若き侍たちに「アウェイの洗礼」が待っていた。

先発、森雄大は制球を乱し、早々に降板。2番手を受けた横山雄哉も自らのエラーとゲッツー崩れの間に失点を重ね、その後の投手も全員が失点。0-9の完敗で大会を終えた。

大会表彰選手は、【首位打者鈴木誠(広島=打率・500)【最優秀先発投手】上沢(日本ハム)【ベストナイン】▽二塁手・北條(阪神)▽遊撃手・牧原(ソフトバンク)▽外野手・鈴木誠

【スポンサーリンク】


最後は完敗だった。終わってみれば0-9。

打線も、来季西武入りが決まっている台湾のエース「郭俊麟」の前に沈黙。

ここまで好調だった「投打」が全く噛み合わない。

【スポンサーリンク】


慣れ親しんできたはずの「台中インターコンチネンタル野球場」も
この日は完全アウェイの雰囲気で「国際大会」の洗礼を浴びた。

日本では禁止されている「ウエーブ」が球場全体に起こり、
投手がモーションに入っても、バックネット裏の観客は立ち上がる。

経験を積んできた投手でも、ウエーブは視界に入り投げにくい。

若い投手達には、ウエーブとアウェイの雰囲気に呑まれ、
先発以下全員が「失点」を重ね9点を奪われた。

来季、ライオンズ入りが決まっている台湾のエース「郭俊麟」も
確かにいい投手であったが、ど真ん中の甘い球も多く、
打線はそれを捉えることが出来ず、完封リレーを喰らった。

しかし、ここまでの道のりは「プロ・アマ混成」の若き侍たちの
「実りある経験」になったに違いない。

ちなみに来季タイガースでレギュラーを狙う「北條史也」は
セカンドでの「ベストナイン」を受賞した。

プロ、アマ問わず、選手達はチームに戻り、今回の「国際大会」の
経験を今後の長い野球人生の糧にしてもらいたい!

(関連記事)

【阪神】(動画)侍ジャパン 絶好調の「横山雄哉」のニカラグア戦 全投球 動画で振り返る IBAF 21U ワールドカップ - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【日本代表・侍21U】IBAF W杯 横山雄哉は「決勝」先発登板予定! まずは今日の「韓国戦」勝利を! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【侍21U・日本代表】IBAF W杯 韓国、台湾も破り全勝で迎える「決勝」 TV放送・中継予定 先発予定「横山雄哉」は中継ぎ待機か!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【日米野球】3戦目 史上初「ノーヒットノーラン」も侍ジャパンとMLBの「本気度」に温度差 日米野球の意義は? MVPは菊池の守備力! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。