[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【経済】「GDP速報値」 市場予想下回る年率1.6%減「7~9月」2期連続マイナス 株価反落 個人消費の回復遅れの要因は?

「消費税増税」先送りか否か?の判断材料、その後の「解散・総選挙」と続く、重要な指標の「7~9月期のGDP速報値」が市場予想を下回る数値となり、11/17の「日経平均」も反落の動き。

元々「良くない」と言われてきた今回の「GDP速報値」だが、今年4月の「消費税増税」以降の個人消費の回復は市場予想よりも遅れを見せており「消費税増税・先送り」の動きに一層拍車をかけるものと思われる。

【スポンサーリンク】


ここの所「消費税増税先送り」「解散・総選挙」も
折り込み、急騰してきた日経平均株価だが、17日朝の
7~9月期の「GDP速報値」が市場予想より低い数値となり、
前場は大幅反落の動きを見せている。

4月の「消費税増税」の「駆け込み需要の反動」の影響に加え、
今年の夏の天候不順による「消費落ち込み」
為替が円安に進んでも多くの企業は海外に拠点を移しており、
「輸出」による為替円安の影響は以前より少なくなってきている。

【スポンサーリンク】


原発停止による「燃料費の高騰」や「原材料高」による輸入の
影響の方が大きく個人消費回復を遅らせる要因にもなっている。

個人の「住宅投資」は6.7%減と依然として低い水準で、
GDPの内訳に個人消費の足を引っ張る形だ。

個人の消費動向には「心理的」影響も大きく、
「景気回復が実感できない」国民の割合が依然多く、
消費意欲が高まらない要因のひとつだと考えている。

財務省を始めとする「消費税増税」絶対必要とする人々は、
今回の「GDP速報値」を受けても依然「財政健全化」のために
増税は必要だと方針を変えないのであれば、
「これ以上の個人の消費の落ち込み」が予想される再増税に対し、
どの様に税収を増やしていくつもりでいるのか?
今後の「消費回復」に向けた具体案等を提示したうえで、
持論を展開してもらいたい。

8%から10%に税率を上げても万が一これ以上「消費」が
落ち込めば、2%分の増税分を確保出来ない蓋然性が高くなる
ことも予想される。

公共投資は政府による13年度補正予算や14年度予算の前倒し執行を受け、
2.2%増となっており、今後も継続して「公共投資」を増やしつつ、
個人消費の回復」の積極対策、官民一体でのより強い「景気回復」対策の
動きが期待される。

さっさと不況を終わらせろ

さっさと不況を終わらせろ

さっさと不況を終わらせろ

さっさと不況を終わらせろ

日本経済は復活するか

日本経済は復活するか


(関連記事)

【政治】唐突に出てきた「衆議院 解散・総選挙」の理由は?なぜ今?その時期は? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【書評】『私を通りすぎた政治家たち』 佐々淳行著 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【経済・市況】まさに絶妙なタイミングだった!?2発目の日銀黒田 波動砲!日銀追加緩和 7年ぶりの大幅株高と6年10ヶ月ぶりの円安水準!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【IT・ビジネス】ホテルでの「Wi-Fi」利用には要注意!!企業機密情報を盗むウイルス マルウェア「ダークホテル」の感染の「2/3は日本」! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。