[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

松山英樹・石川遼 対談番組『世界の壁を越えろ』を見て考えた「松山・石川の歩み、違いと今後の課題」とは?

松山英樹石川遼、同級生で共にPGAツアーを闘う2人の本音、素顔、今後の課題とは?

NHKの2人の対談ドキュメンタリー番組『世界の壁を越えろ』を見て感じたことを書き記したい。

普段の大会中継だけでは、分からない部分が垣間見られた秀逸な番組だった。

【スポンサーリンク】


石川遼は少年時代から常にスターであり、松山英樹
石川の後を追う形で、石川のプロ入り後も「東北福祉大学」に在籍し、
アマチュアとして世界のメジャー大会で上位に入るにまで登り詰めた。

一方の石川遼は、アマチュアにして「マンシングウェアオープン」に優勝。
翌年には、最年少16歳でプロ入りを表明。
史上最年少シード選手にもなるなど、一躍日本ゴルフ界のスターになり、
「遼くんフィーバー」を巻き起こしたことは記憶に新しい。

【スポンサーリンク】


しかし、同い年の松山に焦りは無かったという。

彼は「遼くんフィーバー」を尻目にひたすら自分の技術を
上げることに専念した。

2011年には「マスターズ」で松山は日本人初の「ローアマチュア」の
栄冠も勝ち取る。

石川は2009年に国内史上最年少賞金王に輝く。

その後も国内ツアーで5年間優勝を重ね、優勝回数10回という実績を引っ提げ
2013年ツアーからアメリカPGAツアー本格参戦。

松山は国内ツアープロ転向した2013年、海外メジャーにも参戦しながら
史上最年少獲得賞金2億円も達成し、ツアー参戦初年度に4勝、
そして史上初のルーキーイヤーでの「賞金王」獲得。

国内ツアー1年で、アメリカPGAツアー参戦に切り替えた。


2人の足跡が長くなり過ぎたが、PGAルーキーの松山が
2年目の石川より先に優勝した一因は「国内ツアー」
年数によるところが大きいと思う。

これは丸山茂樹プロもよく言っていたことだが、
日本のツアーコースとPGAのコースでは、難易度が違い過ぎる。

松山が国内を1年のみで切り上げ、PGAの難コースに挑んだことは、
国内の易しいコースに慣れないためには、最良の選択であった。

石川は番組でも話していたが「国内」では「常にバーディーを獲る」ゴルフをしていたが、
PGA]に来て「ボギーを打たないゴルフ」に変わってしまったと言っていた。

果敢に攻めていく松山のゴルフを尻目に「シード権」を獲りたい石川は、
ミスをしないゴルフをせざるを得なかった。

そして、2人で練習ラウンドをしていて石川が「ナイスショット」と思う
松山のショットに、松山自身は全然納得していないことに衝撃を受けたという。

石川は国内ツアー時から、意図したものでなくても「結果オーライ」主義。

松山は結果ではなく「自分の意図しないショット」は例え結果が良くても否定する。

石川は松山が自分より先にPGAで優勝したことに対しても「焦り」を感じたと
正直な思いを吐露している。

彼は、自分が国内ツアーに長く居過ぎたことの弊害も感じているようだ。

松山は「早く海外へ出ることの勧め」も発言している。

ただ2人に共通していることは「お互いまだライバル」ではない、
「2人で世界1位2位争いをする時に初めてライバル」と呼べるというのだ。

今季、石川はPGA仕様に変えつつあるゴルフが実戦されつつある。

ストイック過ぎるのでは?と思わせた松山は「休養」の重要性も認識してきた。

対照的な歩みを見せてきた2人だが、お互いの実力を認め合いながらも
必要以上に接近もしない。

そして、より高みを臨んでいる。

今後、2人がどうやって頂点へ歩を進めるのか?

これからもずっと注目して行きたいと思っているし、
目が離せないというのが正直な気持ちだ。

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


プロゴルフ ブログランキングへ
(関連記事)

【ゴルフ】必見!松山英樹・石川遼TV出演!! 対談スペシャル!松山英樹と石川遼の“プレー以外”に密着 等身大の苦悩と素顔とは…!?NHKBS1特別番組放送!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

松山英樹 タイガーから招待された「ヒーロー・ワールドチャレンジ」の「価値」とは!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【ゴルフ】松山英樹、マナーの悪いギャラリーに「キレた」!ボール投げつけ怒る!痛恨のトリプルボギー 「WGC HSBC」初日 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【ゴルフ】松山英樹 今後の試合・大会出場予定、スケジュール(11/11更新) ランキング・データ JGTOの「国内5試合ルール」聴取は!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。