[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

松山英樹 「国内5試合出場義務ルール」撤回!JGTOに影響力見せ付けた![応援ブログ]

松山の実力と影響力の大きさがJGTOを動かしたのか?懸案であった「5試合出場ノルマ」ルールをJGTOが撤回し、一転義務試合数「ゼロ」とする方針であることが分かった。

ダンロップフェニックスで見事史上7人目の日本人優勝選手となった松山に朗報だ。

5試合出場義務ルールが適用されれば、来季国内ツアーは「シード権」を利用しての出場は不可能だったが「GTPA(大会スポンサー団体)」や選手からも反対の意見が多く、海外ツアー参戦選手の義務試合数を「0」とする規約改定を行う予定だ。

【スポンサーリンク】



JGTOvs松山の様相も呈してしまっていた感のあった
「国内5試合出場義務ルール」だが、
先の「ダンロップフェニックストーナメント」でも、
自らの実力を見せ付け「史上7人目の日本人優勝選手」の
栄冠も手にした松山が、JGTOにルールを変えさせる形となった。
【スポンサーリンク】



元々、このルールは松山が参戦していた昨季のPGAツアー中に
突然決められたものであり、本来ファンやスポンサーのために
国内でも松山や石川遼に出場して貰いたいという目的で定めた
規定が逆にファンやスポンサーの意向に反するものとなってしまっていた。

それに加え、JGTO海老沢会長の「日本ツアーがあるから今の自分(松山)がある。
決められたことは守らないと」という発言が、松山を苦しめてもいた。

国内ツアースポンサーとしては、松山に自分の大会に出て欲しいのは
当然で「招待選手」として出場出来てしまう制度上の矛盾も抱えていた。

松山は「ダンロップフェニックス」の優勝により、新たに2年間の「出場資格」
も取得していたが「国内5試合出場義務ルール」の規則改訂により、
来季以降、心置きなく日本に帰りツアーを戦えることになった。

これまで何度もこのブログで「ルールの矛盾や撤回」を求めてきた
私としても、安堵したというのが正直な気持ちだ。

松山が「海外メジャータイトルホルダー」として、凱旋帰国する日も
遠くはないだろうとも思っている。

(追加最新記事)

【松山英樹】いよいよ再始動!「ヒュンダイ トーナメントofチャンピオンズ2015」テレビ放送・中継予定 微調整すべき課題 [応援ブログ] - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【松山英樹】JGTO国内5試合出場義務ルールのその後?うやむや?松山は優勝シードで来季出場クリア![応援ブログ] - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


プロゴルフ ブログランキングへ
(関連記事)

【松山英樹】「ヒーロー・ワールドチャレンジ」 TV中継・放送予定 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ


松山英樹 タイガーから招待された「ヒーロー・ワールドチャレンジ」の「価値」とは!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【速報】松山英樹「ダンロップフェニックス」最終日 プレーオフを制し見事優勝!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

松山英樹・石川遼 対談番組『世界の壁を越えろ』を見て考えた「松山・石川の歩み、違いと今後の課題」とは? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【速報】松山英樹「ダンロップフェニックス」2日目 単独首位で決勝ラウンドへ!松山コメント - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【ゴルフ】女子ツアー「エリエールOP」で異常事態!未確認ウイルス?で選手・関係者が次々とダウン!藤田はコース内で倒れ緊急搬送! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。