[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【為替・株価】円安進行120円を目指す動き?日経平均は円安好感7年4ヶ月ぶりの高値更新!

先週のOPECの「減産見送り」を受けた「円安」進行の動きは119円台にまで進行。円安進行の動きを好感し、日経平均株価も1万7500円台後半まで上昇。為替・株価ともに「7年4ヶ月ぶり」の円安・株高水準に至っている。

12月に入り、欧米では「クリスマス商戦」にも突入し、先日の「想定外」の「中国の利下げ」も相俟って、国内相場は「衆院選」を睨んでの動きという「特殊要因」はあるが「為替は120円台を突破」するか?日経平均株価は「大納会」に向け、どこまで値を上げて今年を終えることが出来るか?に注目が集まる。

【スポンサーリンク】


「ゐ太夫のぶろぐ」では「OPEC会合での減産見送り」を好感する
記事を書かせて頂いた。
その理由や経済効果については、下記拙著記事をご参照頂きたい。

【経済】原油価格急落の中OPECで「減産見送り」になった理由?なぜ? 円安日本経済・株価・安部政権には追風?ガソリン値下がり?家計に好影響? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

週明けの国内市場は、まさに「OPEC相場」といってもいい
動きを見せている。

為替・株価ともに7年4ヶ月ぶりという水準にまで達した。

【スポンサーリンク】


10月末の「日銀の大幅な金融緩和策」で急上昇を見せた相場が、
先月の「7-9月期GDP速報値」の市場予想を大きく下回る低い数値に、
一時的に「調整が入る」動きとなったが、安倍総理の「消費税増税先送り」の
決定に市場はプラスの評価で、株価は反転しだし「中国の利下げ」
OPEC減産見送り」と相場へのプラス材料が相次ぎ、円安・株高の動きは
加速している。

ここから例年であれば、欧米の「クリスマス商戦」がプラス材料として
加わってくるが、国内相場は「衆院選」を睨んでのいわば「特殊要因」も
加わってくるため、神経質な値動きになる可能性も指摘される。

ただ、現状「与党有利」は確実性を帯びており、14日の開票結果までに
それを折り込んだ動きを見せることが有力だ。

日経平均株価は、ここ数日17,500円の上値を意識した値動きになっていたが、
週明けの今日の前引けで、この「心理的上値」を超えており、
今後は「17,500円」のラインを下値とし、更なる上昇を目指す動きになるか?に
注目が集まる。

急激な円安には「輸入品目」の価格上昇といった家計に直結するマイナス要因もあるが、
輸出関連企業に「円安メリット」が出るには「タイムラグ」が生じるため、
総合的な差し引きの評価は意見が分かれるところだ。

エネルギー依存度の高い我が国に於いては「原油価格の大幅下落」は、
他の円安による材料高を差し引いても、プラスの寄与度は高いというのが、
個人的な持論でもある。

更なる「円安進行」が進むのか?日経平均は年度末までに「2万円」の大台を
目指す動きを見せるのか?

年末12月の国内相場には、世界の投資家の耳目が集まっている。

(関連記事)

【政治外交】産経前ソウル支局長初公判 保守団体が車両に卵ぶつける等の妨害 米政府は韓国側を批判 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【WEC】ハイブリッド車の「ガラパゴス状態」を脱するか?世界耐久レース最終戦でトヨタのWタイトル!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【経済・株式】「タカタ」エアバッグリコール問題 解決は急務!ホンダF1にも影響か? 日本車の信頼を失墜させかねない「安全性」への不信 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【エボラ・最新情報】再び日本が救世主となるか?エボラウイルスの「抗体」大量精製に成功!感染対策 今後特効薬にも? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【政経】「衆議院解散総選挙」「消費税増税先送り」が株価・為替・経済に与える影響は?メリット・デメリット・課題? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。