[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【訃報】菅原文太さん死去 高倉健さんに続く「男が惚れる漢」「映画俳優」「男気ある漢」が居なくなっていく寂しさ

菅原文太さんが亡くなられた。81歳だった。先日、83歳でこの世を去った高倉健さんとともに昭和の映画界を支え、共に「任侠映画」の二大スターとして君臨した。

2人とも「昭和の男らしい男の中の漢」であり「男が惚れる漢」であり、肩書きは「俳優」ではなく「映画俳優」と名乗れる人であった。

「男らしい男」などと言うと「時代遅れ」や「じゃあ女らしい女って何?女性差別じゃないか?」とかいう訳の分からん批判が出るが、いつの頃からか「優しそう」「爽やか」「綺麗な顔」という様な形容詞が付く「俳優」がTVドラマの主演を張るようになっていった。

【スポンサーリンク】


私は、ふと『仁義なき戦い』を無性に観たくなる時が
定期的に訪れる。

つい2ヶ月程前もその「無性に観たくなる時」が来て、
菅原文太さんの「男らしい格好良さ」に改めて惚れ込んだばかりだった。

仁義なき戦い』は当時、深作欣二監督が主役を誰にするか?で
一悶着あったようなのだが、菅原さんが原作を読み
「是非、主役をやりたい」と深作監督に頼み込んで、
あの名作が生まれた。

【スポンサーリンク】


『仁義なき闘い』では冒頭から暴力シーンがあり、血しぶきが飛ぶ。

カメラワークも凄く、画面が揺れまくり臨場感は素晴らしいが、
見入ってしまうと、酔ってしまいそうなほどだ。

菅原文太さん追悼番組として、今の自主規制だらけのテレビ業界で
仁義なき戦い』の再放送が出来るのか?見物だ。

私は、今ちょうど40歳で、思春期の頃にいわゆる「トレンディードラマ」
真っ盛り世代なのだが、さすが「トレンディー」というだけあって、
こんなドラマがあって、誰々が主役で、この人がヒロインでという様なことは、
思い出せるのだが、このシーンを強烈に覚えているという様なことは、
皆無に等しい。

あったとしても、何やら気恥ずかしい気さえするのだ。

『仁義~』の菅原文太演じる広能昌三の台詞やシーンには強烈な
記憶とともに、男の格好良さや生き様、男気といったものに、
ある種の「普遍性」をも感じる。

多分、こういったことを今の「草食系男子」と呼ばれる(このネーミングは嫌いだが)
若い子達に話して、上手く伝わるかどうか?は自信がない。

また、高倉健さんも菅原文太さんも『映画俳優の~』と名乗ったり、肩書きが付く
おそらく最後の世代の方々だったのではなかろうかとも思う。

菅原文太さんはCMやバラエティー番組にも出演されていたが、
やはり肩書きは『映画俳優』なのだ。

今「映画俳優」の○○さんと呼ばれる人は少なく、殆どが「俳優」の○○さんだろう。

高倉健さん、菅原文太さんの頃は「映画」が花形で儲かる時代だったという
事情もあるが、今の俳優さんの中で私の頭の中で『映画俳優』と呼べそうな人は、
数人しか頭に浮かばない。

高倉さんも菅原さんも、間違いなく『ビッグスター』であった。

今は「会いに行けるアイドル」や身近に感じる芸能人がもてはやされ
「スター」という言葉はとっくの昔に死語になった。

高倉健さんに続き菅原文太さんが亡くなられたことに、何か大事なものを失った
喪失感というものを感じている。

今はただただご冥福を祈るばかりだ。

<初回生産限定>仁義なき戦い Blu‐ray BOX [Blu-ray]

<初回生産限定>仁義なき戦い Blu‐ray BOX [Blu-ray]

トラック野郎 Blu-ray BOX1(初回生産限定)

トラック野郎 Blu-ray BOX1(初回生産限定)

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。