[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【経済】GDP7-9月期 2次速報値では上方修正の見通し 次期GDP値は明確な景気回復基調へ! 

1日発表の「法人企業統計」を受け、8日に発表される7-9月期の「GDP改定値」が「上方修正」される公算が高まった。

「設備投資」の持ち直しが主な要因で、民間シンクタンク各社の予想値も「上方修正」されている。

次の期10-12月期のGDP値は「明確な景気回復基調を表す数値」が出る可能性が高まってきた。

【スポンサーリンク】


8日発表のGDP改定値の予想は先の「1次速報値の-1.6%」から「-0.5%」まで
上方修正されそうだ。

これは、民間シンクタンク13社の予想平均値だ。

財務省が1日発表した7~9月期の法人企業統計調査で、
企業の設備投資額が前年同期比5.5%増と6四半期連続で増加しており、
これまで「設備投資」には消極的で、依然「内部留保」を増やしていると
されていたが、好調な企業業績が「積極的な設備投資」に廻りだしたことが
確認されだした結果として、捉えられている。

【スポンサーリンク】


また、成長率の下押し要因となった「民間在庫」のマイナス寄与度も、
各社予想値では、若干縮小する見通しとなっている。

改定値で先の「-1.5%」から上方修正が確認されれば、
次の期の10-12月期は「明らかな景気回復基調」が見られる可能性が高く、
「消費税増税」による「景気の停滞、回復の遅さ」から好転する
目算が高まってきたといえる。

個人消費の数値でも「夏の天候不順」はかなりの影響があったものと
考えており「年末年始の旅行者数」が過去2番目の規模になる見通しからも、
個人の消費意欲も高まってきていると、見ていい。

アベノミクス政策に関しては、侃々諤々賛成・反対の意見があるが、
「国民が景気回復を実感出来るレベル」まで「あと少し」の段階まで
来ているのではないか?というのが私の見方でもある。

クルーグマン教授の経済入門 (ちくま学芸文庫)

クルーグマン教授の経済入門 (ちくま学芸文庫)


(関連記事)

【経済・株式】「タカタ」エアバッグリコール問題 解決は急務!ホンダF1にも影響か? 日本車の信頼を失墜させかねない「安全性」への不信 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【経済】原油価格急落の中OPECで「減産見送り」になった理由?なぜ? 円安日本経済・株価・安部政権には追風?ガソリン値下がり?家計に好影響? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【WEC】ハイブリッド車の「ガラパゴス状態」を脱するか?世界耐久レース最終戦でトヨタのWタイトル!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【為替・株価】円安進行120円を目指す動き?日経平均は円安好感7年4ヶ月ぶりの高値更新! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【政治外交】産経前ソウル支局長初公判 保守団体が車両に卵ぶつける等の妨害 米政府は韓国側を批判 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。