[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【火山】吾妻山で小規模噴火の可能性!警戒レベル2に引き上げ!福島・山形県境

福島県山形県両県境の「吾妻山」で小規模噴火の怖れがあるとして、気象庁は12日「噴火警戒レベル」を1(平常)2(火口周辺規制)へ引き上げたと発表した。

12日朝方から、やや長い「火山性微動」が観測されており、大穴火口から500メートルの範囲では噴石に注意が必要とのこと。

なお「吾妻山」は、先般の「御嶽山噴火」の教訓を活かし「監視体制の強化」ため、新たに「重点観測火山」に加えられている。

【スポンサーリンク】


朝方に観測された「火山性微動」は34分間記録され、
火山性微動」の観測は1年4ヶ月ぶり。

記録のある2000年以降では2番目の長さの「火山性微動

今年10月頃から「火山性地震」の増加が観測されていた。

今のところ、火口付近に異常は見られないとのこと。

【スポンサーリンク】


吾妻山の最近の噴火は、1977(昭和52)年12月7日に大穴火口で発生した
小規模な水蒸気噴火。

1893(明治26)年の噴火では、噴石が火口上400mまで吹き上がり、
火山活動を調査していた研究者2人が死亡している。

先の「御嶽山」噴火の際は、警戒レベル引き上げ等の注意もなく、
秋の登山シーズンでもあったため、多くの登山者が犠牲となる
「戦後最大の火山災害」となってしまった。

今回はその教訓を活かし、今回は早めの警戒情報も出ており、
その情報に従った行動を取ることの重要性は高い。

気象庁「吾妻山」最新情報)

http://www.jma.go.jp/jp/volcano/forecast_02_20141212150012.html



(関連記事)

御嶽山噴火 「戦後最大の被害」の教訓を! 「登山届け」は必ず!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

御嶽山噴火 【検証】 届かなかった噴火前の異変 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

蔵王にも「噴火の可能性」 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。