[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【日本代表】アギーレ八百長問題 サッカー協会言及「告発は受理されるでしょう」 指揮官不在の異常事態の備えはあるのか!?

代表選手や国民はJFA、アギーレと一蓮托生、心中する必要があるのか?

JFA日本サッカー協会・広報部長が「アジアカップ期間中にアギーレの告発が受理されても、本人の会見は開かない。選手ミーティングを開く必要性も感じない。この期に及んで。告発は受理されるでしょう」と発言。

水面下でも次期監督候補の準備をする様子も見えないこれまでのJFAの対応の拙さに加え、居直りとも取れる今回の大会直前の幹部の発言には、強い憤りを感じるとともに次のワールドカップへ向けて代表強化が大幅に遅れることへの大きな懸念も抱いている。

【スポンサーリンク】




日本協会が“開き直った”アギーレ監督、告発受理でも会見なし (1/4ページ) - サッカー - SANSPO.COM(サンスポ)

私は以前からアギーレの会見の必要性はないことは、
このブログでも何度も書いてきた。

これから検察の聴取、立件されれば法廷での証言となるため、
八百長に関与していたとしても、それをほのめかす発言をすることは
有り得ないからだ。

何度、会見を開いても「関与はしていない。何も知らない」と
同じことを繰り返すだけで、何の進展もないからだ。

【スポンサーリンク】



ただ「選手ミーティングもしない」「必要性を感じない」という
サッカー協会側の姿勢には、一体協会はどちらの味方なのか?という
大いなる疑問符がつく。

次のワールドカップへ向けて重要な公式戦と位置付けている
アジアカップ」の大会期間中に、代表監督が「八百長関与の疑い」で
告発されそれが受理されても、選手は素知らぬ顔で
それぞれ頑張ってくれというスタンスなのか?

そもそもアギーレの八百長問題が表沙汰になってからの、
協会側の対応は緩慢に過ぎ、危機管理意識の欠如を指摘されても
致し方ない状態が続いている。

アジアカップ期間中に代表監督離脱となった場合、代行監督をどうするのか?

どの段階になれば、アギーレに対し「解任」や「辞任勧告」等の
通知を出すことになるのか?

その他様々なシミュレーションのパターンは幾つも用意されているのか?

アギーレへの告発が受理されれば「日本代表チームの円滑な運営に支障を来すため」を
理由に「辞任勧告」をしてもいいと思っている。

実際に聴取・出頭のため居たり居なかったりを繰り返されれば、
支障が出てくることは自明であるし、
どの段階までアギーレで引っ張るのか?
その判断が遅くなればなるほど、日本代表にとっては痛手になっていく。

選手も「いずれ居なくなる可能性の高い監督」の下プレーすることに、
表面上は大人の対応をしているが、内心穏やかではないはずだ。

サッカー協会は前述した理由を挙げ、早く「解任」なり「辞任勧告」を行うべきだ。

その後のアギーレ側との契約内容等に於けるもめ事が起きたとしても、
それは任命した協会側とアギーレで処理すれば良く、
選手や国民が巻き込まれる問題ではない。

ブラジルW杯での敗退から、次へ向けて一丸となってチーム強化へ専念すべき時に、
降りかかる火の粉は素早く振り払っておかないと、今後致命的なダメージとなるであろう。

協会には毅然とした迅速な対応を望みたい。

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


スポーツ ブログランキングへ

フットボール批評issue03

フットボール批評issue03

フットボール批評issue01 アギーレを殺すのは誰か?

フットボール批評issue01 アギーレを殺すのは誰か?

(関連記事)

【疑惑試合動画】アギーレ八百長疑惑の渦中に巻き込まれる日本代表選手 協会(JFA)の後手の対応に? 疑惑試合映像も検証! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【サッカー・プレミア】メッシがチェルシー移籍示唆!ルイス・エンリケと衝突も!アルゼンチン紙に続きスペイン紙が報道 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【動画・移籍】岡崎・長友プレミアリーグ移籍へ!真司の仇は慎司が獲る!?よりハイレベルを目指す2人!吉田麻也との日本人プレミアトリオの可能性は? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【動画・サッカー移籍】日本代表U21 セレッソ南野拓実「ザルツブルク」移籍合意!新潟・武蔵は「フランクフルト」移籍濃厚! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【プレミア】チェルシーvsトッテナム まさかの大量失点で惨敗!なぜ大敗を喫したのか?トッテナムに秘策あり? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。