[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【書評・レビュー】『あなたの本当の人生は』 大島真寿美 著 第152回直木賞候補作品 文藝春秋社刊

第152回直木賞候補にノミネートされている大島真寿美氏の作品『あなたの本当の人生は』

今は書くことを止めてしまった謎多き伝説のファンタジー作家森和木ホリーに、その大ファンであり文学新人賞受賞後伸び悩む新人作家國崎真美が豪邸で住み込みの不思議な?弟子入りをする。

ホリーさんの長年の秘書?これまた謎の宇城圭子も交えた女性3人をメインに「書くこと」「人生とは?」を独特の視点や筆致で描いた作品だ。

【スポンサーリンク】



國崎真美は、シリーズ絶筆となっている大ベストセラー小説『錦船』の大ファンであり、
作者の森和木ホリーさんを敬愛している。

國崎・森和木両者の編集担当である鏡味が、國崎真美の成長のため森和木ホリー邸での
住み込みの弟子入りを強引に決める。

ホリーさんに挨拶をする國崎真美は『錦船』シリーズに出てくる
両性具有の黒猫〈チャーチル〉と呼ばれることになる。

ホリーさんの長年の秘書を務める宇城には「特段何もすることはない」と
言われる不思議な住み込みの弟子入りとなる。

【スポンサーリンク】



高齢であり、病にも倒れたホリーさんは既に「書くこと」を諦めていてのだが、
チャーチルこと國崎の「続きを読みたい」という熱望と國崎の衒いの無い言動に
徐々に影響されていく。

秘書の宇城も秘密の執筆活動を持っているのだが、ホリーさんの秘書に就任した当初に言われた
「あなたの本当の人生は?」という言葉を反芻する人生を送っている。

編集者鏡味のこれまでの謎の行動、そしてホリーさんのよき理解者であり、
共に手を携え作品を作っていった元夫の存在の行方と現在。

伝説の『錦船』はただの物語なのか?現実なのか?

國崎の作る得意の「コロッケ」を巡って、みんなの人生が大きく動き出す。

登場人物それぞれが非常に重要な役割を果たしており、
そのキャラクターも魅力的に描かれている。

「書くこと」とは?「人生」とは?「生き方」とは?

登場人物のそれぞれの葛藤や思いに、読者の私も物語に引き込まれ、
気付けば一緒に考えてしまう。

また、登場人物それぞれの距離感が近すぎず遠すぎず、微妙な距離感を保っており、
とかく人付き合い・対人関係が難しいと言われる現代社会に投げかける
新しい生き方の提示もしているのではなかろうか?

第152回直木賞の発表まで、あと数日。

この作品がどういう評価をされるのか?楽しみでもあるが、
ますます予想が難しくなってきたというのが正直な感想でもある。

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


書評・レビュー ブログランキングへ

あなたの本当の人生は

あなたの本当の人生は

サラバ! 上

サラバ! 上

悟浄出立

悟浄出立

(関連記事)

【文学】実は1964年ノーベル文学賞に日本人作家が4人も候補に挙がっていた!日本文学の興隆と世界的評価の時代 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【書評・レビュー】万城目学著 『悟浄出立』 第152回直木賞候補作品 新潮社刊 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【書評・レビュー】西加奈子著 『サラバ』 第152回直木賞候補作品 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【2014・平成26年下半期】第152回芥川賞・直木賞候補10作品決定!注目ノミネートは!? - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【書評】文芸誌『新潮』 新潮新人賞作品・第152回芥川賞候補作品 『指の骨』 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。