[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【鉄道動画】蒸気機関車好きのメッカ「梅小路蒸気機関車館」8月に閉館決定!

SLファンのメッカとも言える京都市下京区の「梅小路蒸気機関車館」が2015年8月30日(日)で閉館することが発表されました。

2016年から梅小路に機関車館に替わってにオープンする「京都鉄道博物館」の開設準備のため。

動体車両、動体保存されたSLの扇型車庫とターンテーブル。SL全盛期を偲ばせる力強い蒸気と汽笛を響かせていた「梅小路」の43年の歴史に幕が降りようとしています。

閉館に伴うイベントは今後8月中旬に予定の「SL頭出し」等、目白押しで開催されるようです。

【スポンサーリンク】



関西鉄道遺産 (ブルーバックス)

30年程前、当時鉄道好き少年であった私は「梅小路蒸気機関車館」
(「梅小路機関庫」とも呼んでいた記憶もありますが)
蒼々たる蒸気機関車が動く状態で、扇型車庫に鎮座し、
しかもターンテーブルまで出て来て、蒸気を吹かし汽笛を鳴らす勇壮な姿に
度肝を抜かれた記憶が鮮明に残っています。

その「梅小路蒸気機関車館」が同地に新しく出来る「京都鉄道博物館」の開設準備のため、
2015年8月30日(日)をもって閉館になるそうです。


おそらく今の子供達にはSLよりも最新車両の方が興味があるでしょうし、
若い鉄道ファンもSL専用の機関車館には余りピンと来ないのかもしれません。

【スポンサーリンク】


2014年1月 梅小路蒸気機関車館「機関車頭出し」とスチーム号 - YouTube

ただ子供心に観たあの度肝を抜かれた光景が無くなってしまうのは、
一抹の寂しさは否定できません。

あの古き佳きSLの往事を偲ばせる「梅小路」は出来れば「文化的価値のあるもの」として
保存して欲しかったというのが正直な気持ちです。

今後、閉館に向けて7月18日から8月30日までの予定の特別展「思い出の機関車館から京都鉄道博物館へ(仮称)」や8月中旬に予定されている扇型車庫からSLが3m程顔を出す「頭出し」等、閉館に向けた特別展やイベントが実施されるようです。(詳細は公式ホームページでご確認ください)

私も閉館までには、もう一度訪れてみたいと思っています。

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ
(関連記事)【鉄道】引退のトワイライトエクスプレスが周遊型の新型豪華寝台特急として2年後に復活と発表!! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
【鉄道・経済】もはや大ヒット商品!?「記念Suica申込み316万枚超え」をPR・広報的観点から検証 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
【展覧会情報】国交150周年記念『日本初の「スイスデザイン展」』今日1/17~ 東京オペラシティで開催! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
【鉄道】Suica希望者全員に販売!(販売方法と時期)「東京駅開業100周年記念Suica(スイカ)」混乱・発売中止問題 - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ
【動画・鉄道】東京駅「100周年記念」イベント目白押し!復活ブルートレイン「富士」発車映像・100年前の東京駅映像も! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。