[ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

海外ゴルフ・松山英樹、F1等スポーツから文学・書評、政治・経済等々幅広く深く!

【F1】アロンソクラッシュ救急搬送で浮上した「感電説」マクラーレンホンダの信頼性は大丈夫か?

F1バルセロナテスト1回目最終日に起きたアロンソの衝突事故原因を究明。

トラブル続出で満足に走れなかったマクラーレンホンダMP4-30の2015バルセロナテスト1回目最終日に、アロンソのクラッシュ、ヘリで救急搬送というさらなる悲劇が襲ったことは速報記事で書いた通り。

私は4日間ずっと現地からの英文の速報を追っていたのだが、アロンソストップで赤旗中断という一報から、少しずつ入ってくる状況を見ていて、予防的措置とはいえ「なぜ、救急搬送する必要がるのか?」不可解な気持ちで事の成り行きを見守った。

そこで出て来た「強風によるスピン説」と「感電説」という2つの原因。「感電説」が真実であればMGU-Kシールパーツトラブルが続くマクラーレンホンダに「安全性」の問題まで追い打ちを掛けることになる。

MGU-Kシールのトラブルと今回の「感電説」との関係も検証したい。

【スポンサーリンク】



フェルナンド・アロンソのテスト最終日の流れ 速報記事)

【速報動画】アロンソ ウォール激突クラッシュ!病院搬送!F1バルセロナテスト2015 4日目午前 マクラーレンホンダ - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

バルセロナテストの3日間、マクラーレンホンダアロンソ・バトンを苦しめていたのは、
パワーユニットMGU-Kのシーリング(シール品質問題)であった。

このシール・シーリングとは、端的に言えばユニット内の液体・気体を外部に
漏らさないために密封しておくパーツのひとつで、その品質が合わずに
フルパワーでテストが出来ない状態が続いていた。

特に初日、3日目と、この問題で少ししか走行できなかったバトンは割を食った形となり、
最終日の午後は平等を期すため、バトンがテストする予定でもあった。

再度、設計発注をしたシール部品が合わず、再々度発注したシール部品は到着が遅れ、
最終日の午前のテスト中もセッティングに2時間も取られる始末だった。

【スポンサーリンク】



やっと走れるようになり、ピットアウトしたアロンソがペースを上げ始め、
21周目にその事故は起きた。

・高速コーナーのターン3でマクラーレンホンダがスピンしてストップ。
・しかし、マシンはノーズが飛んだくらいで、特に目立った破損はない。
アロンソはしばらくマシンから出られず、メディカルセンターで診断され「意識もあるし会話も出来る」が

念のため、ヘリコプターで病院へ救急搬送する。

刻々と情報は入ってくるものの、なぜノーズが破損したクラッシュくらいで病院搬送なのか?という疑念は残った。

当時コースは10~15m/sの強風が吹きすさび、ピットでも物が飛ばない様に注意していた。

午後にアロンソと同じ場所でスピンし、クラッシュしたカルロス・サインツJrは「風がないと思えば突風が吹く危険な状態で、ターン3で挙動を失った」と語っている。
しかし、アロンソの事故当時にすぐ後ろを走行していたベッテルは、以下の様にコメント。

アロンソはそれほどスピードを出していない状態で走行していて、マシンが突然右に切れて行った」

強風が吹いていても高速コーナーでそれほどスピードを出していない状態で、空力の問題で挙動を失うとすれば
それはそれでマクラーレンの設計に大きな問題がある。

そしてもうひとつのクラッシュ原因とされている「ERSから漏電し感電説」は、スピードを出さずに高速コーナー通過中に
「突然マシンが右に切れた」というベッテルのコメントと、特段マシンに大きな損傷が無く「意識も会話も出来る」状態なのに
救急搬送されたことから考えると、こちらの方が有力である気がする。

ちなみに「ERS」は「運動エネルギー回生システム」のひとつであり、これまで開発の段階では
メカニックが感電する事故、煙・有毒ガスが発生する事故が起きている。

多発していた「MGU-K」のシール品質トラブルの「MGU-K」は「ERS」の方式名称のひとつであるため、このシール、シーリングパーツの品質に問題があったため、アロンソが感電したのであればドライバーの「安全性」を揺るがしかねない深刻・重大なトラブルとなる。

マクラーレンホンダ側は、事故原因について一様に口を閉ざしたままバルセロナから引き上げたが「感電説」が事実であれば、この後すぐに始まる「バルセロナスト2回目」はその問題が解決するまで、危険性が高すぎ、1周も出来ない状態に陥る可能性もある。(ドライバーも乗りたくないはずだ)

マシンはマクラーレンのファクトリーに戻っており、既にある程度の原因は分かっていると思われる。

今回のアロンソのクラッシュの原因が「感電」によるものではないとしても、MGU-Kシーリングパーツの品質問題の早い解決は求められる。

マクラーレンホンダ完全復活」まで、まだ道のりは長そうだ。

アロンソ退院 最終テスト欠席 FIA事故調査記事はこちら)

【F1動画】アロンソ退院も最終テストは欠席! FIAが衝突事故調査! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

(関連記事)

【速報動画】F1バルセロナテスト2015 3日目午後 マクラーレンホンダ シール再不具合で24周走行! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【速報動画】F1バルセロナテスト2015 3日目午前 マクラーレンホンダ 電源ストップトラブル発生12周のみ! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【F1】そごう・西武でマクラーレンホンダ新旧マシンの展示イベント開催!子供は搭乗撮影も! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【速報動画】F1バルセロナテスト2015 2日目午後 マクラーレンホンダMP4-30 最多計59周をマーク! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

【速報動画】F1バルセロナテスト2015 2日目午前 マクラーレンホンダMP4-30 28周周回! - [ゐ]ゐ太夫のぶろぐ

※ゐ太夫のぶろぐは「ブログランキング」に参加しております。
ご協力のクリックを頂ければ、幸いです。


人気ブログランキングへ

© 2014-2017 Idayu's blog. ※当[ゐ]ゐ太夫のぶろぐの文章、画像、図表等を含む一切の著作物の盗用、不正利用を禁じます。